ここから本文です

ハリル、浅野を巡りヴェンゲル監督に物申す!「なぜ日本で休まなければならないのか」

フットボールチャンネル 8/25(木) 18:16配信

 日本サッカー協会は25日、ワールドカップアジア最終予選に臨む日本代表メンバーを発表した。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は24選手を招集し、リオ五輪を戦ったU-23日本代表からは大島僚太と浅野拓磨の2名が選出された。

 浅野はこの夏にサンフレッチェ広島からアーセナルへの移籍を果たしたが、いまだ労働許可が降りておらず、現状ではプレミアリーグでプレーすることができない。

 そのため現在は期限付き移籍するクラブを探している状況にあり、ハリルホジッチ監督も「最も難しい状態にある」と明かしている。

 浅野はリオ五輪後に一度日本に帰国しているが、ハリルホジッチ監督はこれに不満を示し、アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督に直接連絡して物申したようだ。

「オリンピックが終わったあとに日本に帰ってきた。誰が日本に帰ってこいと言ったのかは分からないが、休めと言われたようだ。直接アーセン・ヴェンゲルに電話してなぜ日本で15日も20日も休まなければならないのかと言った」

 また、浅野は日本滞在中に代表スタッフのもとでトレーニングをしていたようで、「オリンピックの間に全てが解決されている予定だった。彼が日本に残らざるを得ない状況だったので、私たちが環境を整えてトレーニングをみっちりしました。彼がどこに移籍するのか、今のところロンドンにいるというのは聞いているが、連絡を取るのが難しい状況だ」と現状を説明した。

 欧州主要リーグの移籍市場は最終予選初戦・UAE戦の前日(8月31日)に終了となるため、「1試合目(UAE戦)に浅野を使えるのかどうかは分からない」と、移籍交渉次第では試合を欠場する可能性もあると述べた。

 ただ、ハリルホジッチ監督は浅野の能力を高く評価しているようで、「浅野の移籍についてはかなり信頼している。オリンピックでも高いクオリティを見せていた」と太鼓判を押した。

 なお、ヴェンゲル監督は浅野の移籍先について、「私が望んでいるフランスかドイツでプレーするだろう」と示唆している。

フットボールチャンネル

最終更新:8/25(木) 18:18

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。