ここから本文です

NHK英語講座の人気講師による、「会話力」を身につけるための方法

ダ・ヴィンチニュース 8/25(木) 6:30配信

 NHK英語講座の人気講師による、ワンランク上のコミュニケーション力を養う『しごとの基礎英語 大西泰斗 コミュニケーション力をみがく英会話メソッド』が2016年8月18日(木)に発売された。

 同書では「会話力」をつけることに力点を置いている。これまでに学んだ文法や語彙イメージを、どうやって会話に生かせばいいか、「訳せればOK」の文法を学んできた私たちが、突然話す英語を身につけなければならなくなったときに直面する壁を乗り越える方法を解説していく。

 目標は、ネイティブの語順意識を身につけ、会話が出来るようになること。同書は、全体がそのための新しい英会話学習法の提示になっている。その新しい英語の学習法とは、「語順遵守」「語感とユニットを手に入れる」「IFS…Imagine, Feel, Say it」の3つ。

 語順を意識し、語彙イメージをつかんだうえで音読訓練をすること、ネイティブの前でもとっさに発話できるまで何度も繰り返し練習することが、あたらしい学習法として必要だ。Part1.では、これまでに学んだ学校文法の欠陥がどの辺りにあり、どうしてNGなのか、また、実際の会話では使い物にならない従来の学習方法を克服する方法を伝えている。

 Part2.では、日常生活やビジネスで必ず覚えておかなければならないフレーズをピックアップし、キーフレーズを実際にどういったシチュエーションで使うかをドラマ形式で展開。キーフレーズはCDに収録されているので、発音もしっかり覚えられる。

<キーフレーズ例>
・Please tell us a bit about your work experience?
(職歴について少しお話ください)
・If something urgent comes up, can we call you?
(もし緊急のことがあったら、電話してもいいですか?)
・I’m very sorry. It seems we have a meeting at that time. Could we reschedule?
(たいへん申し訳ありません。その時間帯には会議が入っているようです。スケジュール変更できますか?)

 このように、キーフレーズとオプションフレーズを、ネイティブの語順・意識そのままに暗唱していくことができるようになっている。ドラマでのシーンをイメージしながら発話訓練し、英会話力をアップさせよう。

※掲載内容は変更になる場合があります。

最終更新:8/25(木) 6:30

ダ・ヴィンチニュース

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。