ここから本文です

輝きたい全ての女性に捧ぐ! 本来の魅力を解き放ち「特別な女」になるための法則

ダ・ヴィンチニュース 8/25(木) 11:00配信

 年齢とともに太りやすくなる、体形が崩れる、シワやシミが気になる。女性の多くが抱える悩みではないだろうか。以前はもっと男性からのお誘いがあったのに最近はめっきり、なんていう方もいるかもしれない。自分から積極的になれればチャンスも増えるかもしれないが、女性の方から誘うのはちょっと…と、ためらってしまうこともあるだろう。

 そんな方にオススメしたいのが『本能を揺さぶる「魅力」の法則』(Dr.アレックス・シラー:著、鹿田昌美:訳/大和書房)。

 セックスライフ・コーチでありパフォーマーでもある著者が、“自分史上最高に美しく、パワフルに生きるため”のコツを紹介している。本書を読み、与えられた課題をこなしていけば、本来の魅力が解き放たれ、「特別な女」になれるというわけだ。著者はニューヨークで『Never Sleep Alone』(ひとり寂しく寝る夜がない)というパフォーマンスを主宰しており、これが本書の原題にもなっている。

 本書では、人を惹きつけるための魅力を放つ9の法則について解説されている。

法則1 魅力的な顔になる―「物欲しげな顔」の女は安く見える
法則2 出かけるときはひとりで―女友達は最強の敵
法則3 「衣装」と「小道具」で装う―家の中でもダサい服は着ない
法則4 大胆に、でも落ち着いて―ケータイを手放せば余裕が生まれる
法則5 「おあずけ」でミステリアスなムードを出す―「想像上のあなた」に恋させる
法則6 一人の相手に固執しない―女はデートすればするほど魅力的になる
法則7 「ケミストリー」を信じる―直感を信じてどんどん誘う
法則8 最高に「感じる女」になる―プロの高級コールガールになりきる
法則9 どんなときも自分を優先する―自分以外の誰にも夢中にならない

 それぞれの法則について、具体的で実践的な説明と、NSA検定テストと題した課題が掲載されている。まずは法則の内容を頭で理解し、その後で検定テストに沿って行動に移し、自分のものにしていくという構成だ。

 例えば法則1のポイントは、期待をしないこと。著者によれば、他人や状況に期待をすると、物欲しげな顔つきになってしまうそうだ。一方で、期待をゼロにすると、圧倒的な魅力が放たれる。独特の穏やかな内面がにじみ出た「別格の人」になれるからだ。しかし、期待をゼロにするのは簡単なことではない。本書でも、それを可能にする唯一の方法は、経験値を上げることだと指摘されている。

 経験値を上げるためには、行ったことがなくて異性のいそうな場所にひとりで行ってみよう。お酒が好きな方はバーでもいいし、カフェやレストランでも可。期待は必ずゼロで行く。満席で待つ場合や手持ち無沙汰になった時でもスマホをいじるのは厳禁。ゆっくりとその場の雰囲気を楽しむことが大切だが、どうしてもという時には友人や恋人に手紙を書く。そうやって最低1時間半以上を過ごしてみる。

 詳細はNSA検定テストページに記載があるので、興味のある方は実践してみてはいかがだろうか? 法則1は、比較的実行に移しやすそうだ。法則2から9についても、具体的な訓練方法が紹介されている。かなりチャレンジング(過激!)なものもあるが、今の自分を変えたいなら、無理のない範囲で勇気を持って行動に移すべきなのかもしれない。

 検定テストはハードルが高いという方は、本書にあるアドバイスを日々の生活に少しずつ取り入れてみてはいかがだろうか? 大切なのは、自分に自信を持つこと。最初から無理だと決めつけずに、試してみれば新しい世界が見えてくるかもしれない。仕事だけではなく、私生活も含めて人生を積極的に生きたいと思っている全ての女性に手に取っていただきたい一冊だ。

文=松澤友子

最終更新:8/25(木) 11:00

ダ・ヴィンチニュース

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ