ここから本文です

3歳の女の子のママ「こんな本がほしかった!」ママたちの声が詰まった赤ちゃん絵本『とりがいるよ』

ダ・ヴィンチニュース 8/25(木) 17:30配信

 我が子と一緒に読む絵本、どれにしようか悩んだことはないだろうか。母親たちの声から生まれた赤ちゃん絵本『とりがいるよ』が、2016年8月10日(水)に発売された。さらに8月23日(火)からは、絵本ためしよみサイト「絵本ナビ」で“全文ためしよみ”も出来るようになったので、全国のパパ・ママたちに是非注目してほしい。

 かず、いろ、大きさにはじめて触れる乳幼児向けに誕生した同書。最大の特徴は、子育て中のママの声を聞いたり、保育園で実際に読み聞かせをしたりして、子どもたちの反応を見ながら改良を重ねてつくられたというところだ。

実際に親子で読んだママたちからは、多くのよろこびの声が多数寄せられている。

「読み終わると、『もう一回!』と何度もおねだりします」(1歳の男の子のママ)
「『とり、いっぱいね~』『あか、あか!』『はっぱ!』など、自分のボキャブラリーで表現できてうれしそうです」(2歳の男の子のママ)
「ころんだとりの絵をさして、『いたい、いたい』。子どもなりに想像がふくらんでいるようです」(3歳の男の子のママ)など。

 自分のまわりのことに興味を持ち始め、読むたびに新たな反応を見せてくれる赤ちゃん。大きなとりを見つけたり、ほかと違うしぐさをしているとりに気づいたりと、わが子の反応にパパ・ママもにっこりの同書は、出産祝いにもおすすめ。

 シンプルなデザインは、前述の「絵本ナビ」でのためしよみで楽しむのにもピッタリなので、この機会をお見逃しなく!


※掲載内容は変更になる場合があります。

最終更新:8/25(木) 17:30

ダ・ヴィンチニュース

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。