ここから本文です

リーグ戦で監督に“キレた”金崎を招集外に。ハリル「あのような態度を取っては、A代表には入れない」

SOCCER DIGEST Web 8/25(木) 16:54配信

「日本代表の基準として全選手に伝えたい」(ハリルホジッチ監督)

 日本協会は25日、ロシア・ワールドカップアジア最終予選の2試合(UAE戦/9月1日、タイ戦/6日)に臨むメンバー24名を発表した。
 
 FWには7名が招集され、6月のキリンカップのメンバーから武藤嘉紀(マインツ)が復帰した一方、金崎夢生(鹿島)が落選。後者を招集外にした理由について、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、「リストには入っていましたが…」と前置きしたうえで、こう述べている。

【PHOTO】アジア最終予選に向けた日本代表メンバー24人


 
「残念ながら前節(第2ステージ9節の湘南戦)に日本代表の候補選手が、あのような態度を取ってはいけないですね。それが理由で外しました。これは日本代表の基準として全選手に伝えたいと思います。このような行動を取ると、A代表には入れません」
 
「あのような態度」とは、途中交代した際に見せた振る舞いに他ならない。湘南戦の70分、交代を告げられ不満をあらわにしながらピッチから引き揚げてきた金崎は、石井正忠監督が差し伸べた手を振り払い、なにかを吐き捨てるように一旦はベンチへ戻った。
 
 しかし、その後も怒りが収まらなかったのか、再び石井監督に食って掛かろうしたところをコーチ陣が制止。後日、監督とは和解したため問題には発展しなかったが、チームの輪を乱しかねない一連の行動は、規律を重んじるハリルホジッチ監督にとっては受け入れがたかったようだ。
 
 チームの勝利のために貪欲にゴールを目指すプレースタイルが売りの金崎だが、そんな熱い想いが、今回ばかりは裏目に出てしまった。
 

最終更新:8/25(木) 19:17

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。