ここから本文です

母国OBがまた憤慨「ハメスの調子が悪いのはジダンのせいだ!」

SOCCER DIGEST Web 8/25(木) 20:30配信

ベンゼマとベイルは良さが出なくてもずっと起用されたのに…。

 ポグバ、イグアインといったビッグディールが完了した今夏の移籍市場において、今、最も注目を集めているのは、R・マドリーのハメスだろう。チェルシー、アーセナルといったプレミア勢が関心を示しており、特に前者はかなり本気のようだ。
 
 これに対し、ハメス自身は以前からマドリーでポジションを勝ち取りたいと宣言しているが、先週末に開幕したリーガでは、C・ロナウド、ベンゼマが不在だったにもかかわらずスタメンを外れ、77分に交代出場を果たすに止まった。
 
 彼を差し置いて出場した、エスパニョールから加入の20歳、アセンシオが見事な2点目を奪って活躍したこともあり、地元メディアは、ジダン監督のなかでのハメスの序列の低さを強調。『MARCA』などは「ハメスの移籍に賛成か?」というアンケートを行なったりもしている(59パーセントが賛成)。
 
 こうした状況に、ハメスの母国、コロンビアのかつてのストライカーが怒りのコメントを発した(『ESPN』による)。ファウスティーノ・アスプリージャ。同国代表として歴代3位の得点数を誇り、欧州ではパルマ、ニューカッスルなどで活躍した名選手である。
 
 苦境に立たされている後輩について、彼は「ジダンがハメスに対し、リスペクトを欠いているのが原因だ」と、スペインのラジオ『Onda Cero』に語っている。
 
「ハメスはコロンビア史上でもナンバーワンの選手であり、2年前のワールドカップでは得点王になるなど、結果を残した。そしてマドリーに加入してからも、アンチェロッティの下ではピッチに立ち続け、良いプレーを見せた。しかし、ベニテス、ジダンの下では……」
 
 アスプリージャは、マドリーではハメスがフェアに扱かわれていないことに不満に感じている。
 
「ベンゼマ、ベイルは加入してからもしばらくは、それまでと比べて良さの半分も出せなかったのに、ずっと出場し続けることができた。ジダンはハメスに対しても、同じだけの時間を与えるべきだ。もっと、辛抱とリスペクトの念を示す必要がある」
 
 アスプリージャといえば、以前からこの件については、「ベニテス(当時の監督)はコロンビア人が嫌いなのだろう」「C・ロナウドはハメスにFKを譲るべきだ」「マドリーから愛情を受けられていない」などと、たびたびコメントを発してきた。
 
「自分が何を言おうとも、監督の一存で全てが決まるのだが……」と腹立たしげなアスプリージャ。果たして今後、かわいい後輩はどのように扱われ、どのような道を選ぶのだろうか。

最終更新:8/25(木) 20:38

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。