ここから本文です

プリンスのペイズリー・パーク、今秋一般公開へ

ローリングストーン日本版 8/25(木) 18:00配信

「ペイズリー・パークの公開は、プリンスが常に望んでいたことであり、積極的に取り組んでいたことでもあります」と故プリンスの妹であるタイカ・ネルソンは語る。

プリンスのペイズリー・パーク訪問記:紫の殿下との魅惑の一日

プリンスの有名なペイズリー・パーク(ミネソタ州チャナッセン)が、今秋からミュージアムとして一般公開されると、ミネアポリスNBC系列のKARE 11が報じている。

「ペイズリー・パークの公開は、プリンスが常に望んでいたことであり、積極的に取り組んでいたことでもあります」とプリンスの妹、タイカ・ネルソンは、ブレマー・トラスト社を通じて声明を発表した。ブレマー・トラスト社は、遺産問題がまだ解決していない、伝説のアーティスト、故プリンスの遺産を現在のところ管理している。「彼の生前にこの施設を訪れる貴重な機会を得たのはほんの数百人です」。

「私達がこの素晴らしい場所への扉を開けることで、世界中のファンが今、初めてプリンスの世界を体験できるようになるのです」とネルソンは付け加えている。

一般向けに公開される新しい「ペイズリー・パーク・ミュージアム」

見学者はプリンスがレコーディングやミキシングを行っていたスタジオのある、ペイズリー・パークのメイン・フロアを見て回ることができる。また、ビデオ編集用の特別室や、リハーサル・スタジオ、プライベートなNPGミュージック・クラブも観覧できる。一般向けの展示案内には、プリンスが様々なイベントを行ったり、ツアー前のリハーサルを行ったりしたサウンドステージやコンサート・ホールの見学も含まれている。また、衣装、賞、楽器、バイクなど、プリンス私蔵の数千の品々も展示される予定だ。

「この新しいペイズリー・パーク・ミュージアムは、ファンの皆さんにプリンスが望んでいたようなユニークな経験、他では見られないような展示をお届けします」とプリンスの遺族は公式声明を出している。「最も重要なのは、このミュージアムが、プリンスの天才性を示し、彼の伝説を称え、彼の家族やコミュニティに対する強い気持ちを語り継ぐことです」。

10月6日から一般公開が始まるこのミュージアムの入場券は、ペイズリー・パークの公式ウェブサイトを通じて、8月26日午後3時(東部標準時)から発売される。

4月21日、プリンスの早すぎる死。彼は遺書を残していなかったため、遺産問題は今も係争中だ。今月始め、ブレマー・トラスト社は、ミネソタ州のケヴィン・アイデ裁判官より、プリンスの不動産のうち6件を売却する承認を得た。アイデ裁判官は7月には、プリンスの遺産について、30件の相続権の主張を却下している。

Translation by Kise Imai

Althea Legaspi

最終更新:8/25(木) 18:00

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2016年10月号

株式会社パワートゥザピープル

2016年10月号
9月10日発売

710円(税込)

表紙:トム・ヨーク
特集:IMAGE
ロック&ファッション&アート
高橋盾(UNDERCOVER)
ヒステリックグラマー 他

なぜ今? 首相主導の働き方改革