ここから本文です

花も紅葉も楽しめる多肉、エケベリア

NHKテキストビュー 8/25(木) 8:00配信

いつかは手に入れたい、憧れの多肉。そんな品種の1つが春は花、秋は紅葉も楽しめるエケベリアです。多肉植物栽培家の松岡修一(まつおか・しゅういち)さんが、その魅力を紹介します。



* * *


■株元を風通しよく保つ


中南米に180種ほどの原種があるほか、数多くの交配種が作出されています。直径3cm程度の小型種から直径50cmにもなる大型種まであります。地味な花が多い多肉にあって、小輪ながらも色鮮やかな花を春から初夏にかけて咲かせます。また、秋に日当たりのよい場所で低温に当てると、葉がきれいに紅葉するなど、1年を通じていろいろな魅力が楽しめます。



生育適温は13~25℃で、暑すぎたり寒すぎたりすると休眠します。花が咲く3~4月が植え替えの適期です。株を枯らす最大の要因は株元の蒸れです。枯れた下葉をこまめに取り除き、風通しをよくしましょう。ウォータースペースをとらず、用土を鉢いっぱいに入れて植えるのも効果があります。葉の間に水がたまらないよう、株の上から水やりしないのはもちろんです。


■いろいろなエケベリア


真っ白な粉で覆われた厚みのある葉が目を引く人気種、ラウイ。強光には耐えるが、高温多湿には弱いので注意。寒さにもやや弱いので、極寒時期は水を切る。日照不足だと白粉が薄くなるので、日によく当てる。また、白粉は触れるとはがれるので、なるべく葉の部分には触れないようにして管理する。





ミニマは葉が整ったロゼットにまとまる小型の原種。葉先の紅色の爪が青緑色の葉によく映える。また、春から初夏には黄色とオレンジ色のかわいい花を咲かせる。種子をとるのでなければ、株のために早めに花茎を切る。花を楽しむ場合も、半分程度の蕾が咲くまでに。子株をよく吹き群生する。





■『NHK趣味の園芸』2016年8月号より

NHK出版

最終更新:8/25(木) 8:01

NHKテキストビュー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

NHKテキストビュー

NHK出版

NHKテレビ・ラジオ番組の
各種テキスト 好評発売中!

料理・健康から生活情報まで、暮らしに役立つ
確かな情報満載のNHKテキストから、
選りすぐりのトピックスをお届けする情報サイト