ここから本文です

ワガママBODY、台湾MTVで“傷跡”を残す!?

Smartザテレビジョン 8/26(金) 5:00配信

吉川友が8月22日、日本人歌手として初めて台湾のMTV「最強音」に生出演し、パフォーマンスを行った。

【写真を見る】ワガママBODYが台湾で“傷跡”を残す!?

今回、吉川は「最強音」の第6回「最強個性女声:最強ソロ女性アーティスト特集」に出演。初めての台湾での生放送番組ということで、吉川は緊張しながら会場入り。

楽屋では手書きの、カタカナ混じりの中国語カンペを入念にチェックし、通訳に「假的(それは幻だ)」という台湾での流行語を習うなど、欲張りな一面も見せた。

リハーサルでは「準備してきたMCが通じるのか確認したい」と、MC含めた本番さながらのステージングを行う。台湾の番組スタッフ陣に「きっかのこと好きになってくれた?」と投げ掛け、「もちろん!」と笑顔で返されるなどシミュレーションもばっちりの様子。

また、本番前の共同記者会見では、自分の母親にそっくりな店員がいる「モツ入り温素麺店」で「お母さん!」と話し掛けたら覚えていてくれたことがうれしかったというエピソードを明かし、会場が温かい笑いに包まれた。

迎えた本番、ライブは事務所の先輩・藤本美貴の楽曲で、アイドル界の神曲とも名高い鉄板曲「ロマンティック浮かれモード」でスタート。自慢の中国語で「ニックネームはきっかです。きっかって呼んでください!」と話し掛けると、「きっかー!」と日本同様のコールが発生。

「まだまだ足りない!」と欲しがる吉川に会場のボルテージも高まる中、「こんな私でよかったら」「URAHARAテンプテーション」と自身の代表曲で会場を盛り上げる。さらに、自身のカバーアルバム『ボカリスト?』にも収録されているモーニング娘。「抱いてHOLD ON ME!」でステージを左に右にと駆け回り、会場も吉川のテンションもマックスに。

そして、ついにライブもラストを迎え、前の曲が終わりしゃがみ込んだ吉川に会場が静まり返る中、最新シングル「歯をくいしばれっっ!」のイントロが流れる。

吉川はそのままヨガの姿勢で歌い出し、イントロを歌い終わると同時に自身の特技“足グニャ”を披露。曲中のせりふも「台湾大好き!」という中国語にアレンジするなど、台湾のファンへアピールをしてステージを終えた。

吉川は、楽屋裏でも驚くほど積極的なコミュニケーション能力を発揮。自身の新曲タイトルにちなんだ「歯をくいしばれっっ!ポーズ」で、吉川が下の歯、共演者の方が上の歯という形で1つの口を作ってもらうという記念写真を、1人1人に直接申し込んだ。

共演者全員との撮影を成功させるなど、番組裏で日本と台湾、さらに韓国との架け橋となった吉川は「私、台湾だと素直になれるのかも!」と、より一層台湾への愛が深まった様子。

また、自らがリポーターとなり、カメラを回しながら台湾と日本のテレビ番組の違いを学ぶ一幕も。貪欲に台湾での時を過ごした吉川は、10月にイベント「IDOLidge Carnival」出演で台湾に帰ってくることも決定している。

■ライブ終了後の吉川友コメント

MTV「最強音」生放送出演が無事終わりました!! 日本人の歌手が番組に出演するのは初! 台湾での生放送、そして中国語でのMC。ステージに出る前は、いつもやっている願掛けで、お気に入りの香水をたくさん振り掛け、「大丈夫! やればできる子!」と自分に言い聞かせていざステージへ。

初めて見てくださった方が多い中、どんな反応なんだろうとかなり不安でしたが、温かく迎えてくださった台湾の皆さん、ありがとうございました! 少しでも多くの方に「日本人歌手・吉川友」を知っていただきたいなと思い、ライブ中に特技の足グニャを曲中に盛り込んでみたり。。爪痕ならぬ傷跡を残せていたらうれしいです。

そして、台湾アーティストさんとの共演もドキドキしました。緊張している私に、日本語で「頑張って」と優しく声を掛けてくださったり、私考案の「歯をくいしばれっっ!ポーズ」をおねだりしました!

「チャーミング!」「ワーオ!」と言いながら、上の歯を共演者の方、下の歯を私が作って、一緒に写真を撮るという貴重な体験を!「海外でお仕事できる幸せ」「歌が国境を越える瞬間」をあらためて感じました!

そして、大好きな台湾でもっともっと活動していきたいなと強く思いました。海外での仕事はいつも刺激的だし、声援にたくさんパワーをもらっています。日本ではもちろんですが、海外でもたくさん活動する! 目指すは、全世界のテレビに出ること!(現在7カ国) 新たな目標を見つけました! 吉川友、これからも頑張ります!

最終更新:8/26(金) 5:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。