ここから本文です

蓮舫氏「やんちゃで逃げきれない女性は叩かれ続ける」

NEWS ポストセブン 8/26(金) 7:00配信

《50歳、バツイチ子ナシ。仕事も恋もまっしぐら》。そんなコピーが話題を呼んでいるドラマ『ノンママ白書』(東海テレビ、土曜午後11時40分)。男女雇用機会均等法(以下、雇均法)第一世代で、母親になることを放棄して、働けと言われてきた女性たちの物語だ。

 企画・プロデューサーは、共同テレビの栗原美和子氏(51才)。フジテレビが「視聴率の三冠王」といわれた時代に入社し、『ピュア』『バージンロード』など数々の名作を手がけたヒットメーカーとして知られている。

「私は雇均法が施行されて2年目に入社した、いわゆる第一世代。働け、働けと言われてやってきたのに、今になって子供を産んで働く女性を応援しますっていう世の中になってしまって、どういうこっちゃって。私たちがやってきたこの歴史はどこに行っちゃったのってすごく感じて、このドラマを企画したんです」(栗原氏)

 今春、「子供を産まない」と決めた2人の女性の発言が大きなニュースとなった。1人は山口智子(51才)。『FRaU』のインタビューで、《子供を産んで育てる人生ではない、別の人生を望んでいました。今でも一片の後悔もないです》と、高らかに宣言したのだ。

 そしてもう1人はNHKの有働由美子アナウンサー(47才)だ。司会を務める『あさイチ』で「ようやく出産の可能性を諦めて、やっとひとりで生きる自信が出てきた」などと語った。それは、「とんでもない間違いをしたのではないか。産む可能性、機能があるのに無駄にしたんじゃないか。気が変になったように泣いたり病院通いした」苦しみ悩み抜いた末のものだった。

「産まない人生」──それはかつては声にできない叫びだった。しかし今は違う。「ワーママ」か「ノンママ」か──2つの目に見える分かれ道として私たちの前に立ち現れ、女性の心を揺さぶり一層苦しませているのだ。そしてどちらの人生にも、やっぱり「ガラスの天井」があった。「ガラスの天井」とはもともと、ヒラリー・クリントン氏が使った言葉で、資質や成果があるのに、女性が昇進できない“目に見えない壁”のことだ。一般社会よりも開かれた社会というイメージのマスコミにあってもそれは同じ。栗原氏が振り返る。

1/3ページ

最終更新:8/26(金) 7:00

NEWS ポストセブン