ここから本文です

沢村一樹が体当たりでアクションに挑戦!

Smartザテレビジョン 8/26(金) 5:00配信

沢村一樹主演の社会派ミステリー「スペシャルドラマ 刑事 犬養隼人」第2弾が9月24日(土)にテレビ朝日系で放送。沢村がアクションシーンに挑戦する。

【写真を見る】沢村一樹は「アクション要素を盛り込みたい」と自ら提案し、アラフィフとは思えない見事なアクションを披露!

同ドラマは「さよならドビュッシー」で「第8回このミステリーがすごい!」大賞を受賞した、中山七里の“刑事 犬養隼人”シリーズが原作。現代社会に潜む問題を浮き彫りにしながら、絡み合う人間ドラマを描く。

沢村は、うそを全て見抜いてしまう寡黙な刑事・犬養隼人を演じる。また、犬養のバディーの若手刑事・古手川和也役は、引き続き瀬戸康史が務める。

沢村が挑んだアクションは、一人娘・沙耶香(桜田ひより)に危害を加えようとする謎の覆面集団にたった一人で、武器も持たずに素手で対峙(たいじ)するシーン。

自ら提案してアクションに挑んだ沢村は「犬養って寡黙で喋らない人なので、せりふ以外の部分で彼の気持ちを表現したいというのがあって、僕自身もアクションシーンを入れたいと思って以前からプロデューサーに相談していたんです。

ただ、相手をパンチやキックで痛めつけて倒すようなアクションはしたくなくて、刑事らしい組手のようなアクションを目指しました」と以前から考えていたことを明かす。

そして、「アラフィフ世代の方々にも“自分もまだまだ体を動かせそうだ”と思っていただくきっかけになればうれしいですね(笑)」とコメント。

覆面集団に立ち向かう犬養を手助けするべく、豪快なタックルを見せた瀬戸は「続編があるのなら、僕もぜひアクションにチャレンジしたいです! それに、僕の感じている“古手川像”が作れてきたという実感もあるので、アクションシーンの準備もしながらその時を待ちたいと思います!」と続編へ期待を込めた。

また、今回シリーズ2作目となり「パート2を必ずやりたいと思っていたので率直にうれしいですね。今作もかなり面白い作品に仕上がっています。主要キャストである警視庁メンバーが、前作と同じキャスト陣で演じることができて、うれしさもひとしおでした」(沢村)、「僕も続編に出演できるのは素直にうれしかったです。前作は初めて刑事役を演じさせていただけた作品だったので、僕にとっても思い入れがとても強い作品。またこうして沢村さんとご一緒できて、(収録中は)本当に毎日が楽しかったです」(瀬戸)と、復活に喜びもひとしおのようだ。

最後に沢村は「父親としての犬養の表情が見どころの一つです。犬養は刑事として事件を解決することより、父娘の関係の方が難しいと感じている不器用な父親なんです。仕事では一目置かれている人物でも、苦手でうまくいかないことを抱えて必死に生きているんだということを、娘との関係に悩む同じ世代のお父さんたちに見て感じてもらいたいですね」と見どころをアピールした。

その他の出演は、渡辺いっけい、水橋研二、遠藤雄弥、温水洋一、堀部圭亮、山中崇、加藤雅也ら。

最終更新:8/26(金) 5:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

なぜ今? 首相主導の働き方改革