ここから本文です

“日本男児”長谷部誠の粋な計らいに徹子もうっとり!

Smartザテレビジョン 8/26(金) 5:00配信

8月30日(火)に放送されるトークバラエティー「徹子の部屋」(テレビ朝日系)に、サッカー日本代表キャプテン・長谷部誠が初出演することが分かった。

【写真を見る】徹子による恒例のボディーチェックにも長谷部はウェルカム!?

長谷部は、自身が使用するサッカーのスパイクと同シリーズのランニングシューズを黒柳徹子に贈ることを約束。また、日本代表選手として100試合目となる「'18年ロシアW杯アジア最終予選」に向けての思い、キャプテンとしての熱い胸の内を語る。

この日、番組初出演の長谷部は、端正なスーツ姿で登場。オープニングでは軽やかなリフティングを披露し、「ハンサム! 格好いい!」と、すぐさま徹子をとりこにする。

加えて、徹子を魅了したのが、長谷部が持参したサッカーのスパイク。右足が黄色、左足がピンクという斬新なカラーリングを目にした徹子は、「今はこんなふうに半分半分の色にしているの? きれいですよね。(黄色は)インコみたいな色!」と独特の言葉で驚きを表現する。

続けて「これはサッカー以外には履いちゃいけないんですかね?」と質問。長谷部が「ランニング用もあります」と答えると、徹子は「私、ランニング用にこれ欲しいと思います。今度手に入れます」と顔を輝かせる。

そんな徹子に長谷部から突然、「贈らせていただきます」とプレゼントの申し出が。「いや、だって、そんな…まるで私が欲しがってるみたいじゃない」と恐縮する徹子だが、「履いていただけるのであれば」という長谷部に、「絶対に走ります!」と宣言し、笑顔で約束を交わした。

そして後日、待望のランニングシューズが徹子のもとに到着。そのかかとには「徹子」の名前が入っており、長谷部の心配りに徹子はあらためて顔をほころばせた。

日頃からスポーツ選手に対して深い尊敬の念を抱いている徹子は、シューズだけではなく長谷部の鍛え抜かれた体にも興味津々。「触らせてもらえって、みんなが…」と、ためらいつつも、恒例の“筋肉チェック”を長谷部に打診。長谷部は「触ってもらえますか?」と逆リクエストで快諾する。

長谷部本人が「サッカー選手としてはどちらかといえば細身な方」という体の腕や肩周りの筋肉を、徹子が入念にチェックしていくのだが、その感想は…?

これには常に心が整っているはずのキャプテンも、これには少々心が乱れ気味のようで、「ちょっと恥ずかしいですね」と照れる長谷部の、普段見せることない表情にも注目してほしい。

そして徹子は、135万部の売り上げを誇る長谷部の著書「心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣」から、徹子自身が「なるほど」と思い、一般にも通じると感じた長谷部の習慣3つを紹介。また、そんな長谷部に徹子が聞いてみたい「3つの質問」をフリップに書いてぶつけていく。

その一つが「ハンサムと言われることについて?」。「(ハンサムとは)言われないです。しょうゆ顔とは言われますけど…」と戸惑いながら答える長谷部に、徹子は「日本男児らしい顔」と賞賛する。これは長谷部も気に入ったようで「すごくうれしいです!」と満面の笑みを浮かべた。

さらに現在ドイツのチームで活躍を続けている長谷部に、徹子がドイツ語の披露をリクエスト。ドイツ在住歴もそろそろ9年になるという長谷部だが、「今日の晩御飯は何を食べようかなって言ってみて」という黒柳の予想外のパスに、「ちょっと難しかったですね、今のは…」と大苦戦。

しかし、仕切り直しのリクエスト「絶対サッカー勝ちたい」では、流暢なドイツ語を披露し、「あら、格好いい」と徹子をうっとりさせる。

その他、不動のサッカー日本代表キャプテン・長谷部が、サッカーを始めたきっかけや、長谷部のサッカー人生に不思議な先鞭をつけた祖父なども明らかに。

長谷部はディフェンダーというポジション柄、シュートのチャンスは多くないものの、ゴールを決めたときには両手人差し指を天に向けるパフォーマンスを披露。それは、ある思いからだと告白する。

そんな長谷部の次なる代表戦は、9月1日(木)に開幕する「2018FIFAワールドカップロシア アジア最終予選」。出場すれば自身代表100戦目の記念試合となるが、長谷部はあくまでも「自分のことよりチームが勝つことの方が大事」と、表情を引き締める。

「あなたがキャプテンでいらっしゃると、とっても心強い」と、すっかり徹子を感服させた長谷部の人柄がにじみ出るトークに、視聴者の心のゴールにシュートが決まりっ放し…かも。

最終更新:8/26(金) 5:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。