ここから本文です

『とと姉ちゃん』編集部 美術セットの驚くべきこだわり

NEWS ポストセブン 8/26(金) 7:00配信

 NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』がますます好調だ。生活総合誌『暮しの手帖』を創業した大橋鎭子さんをモチーフにした主人公の小橋常子(高畑充希)が、『あなたの暮し』を創刊。初週から現在まで20週連続で視聴率20%の大台を超えているが、雑誌作りが始まるとともにさらにうなぎ上り。雑誌の目玉企画となる「商品試験」の放送が始まった翌日、17日の放送回は平均視聴率25.9%と、番組過去最高を記録した。

「企画が決まっていく過程の面白さや、編集者たちが悪戦苦闘しながら雑誌を作っていく様子に引き込まれます」(49才・主婦)

 その舞台は、銀座のレトロな雰囲気のビルの一角にある編集部。実はそれは『あなたの暮し』のモチーフになっている『暮しの手帖』編集部の当時の様子を取材したうえで、NHKがオリジナルで制作したもの。本誌記者がその美術セットで見たのは、驚くような細部へのこだわりだった。

 記者が編集部のセットに足を踏み入れると、真っ先に飛び込んできたのが格子のついた広い窓と白い壁。恥を承知で告白しますが、本誌・女性セブン編集部の雑然とした雰囲気とはまるで違って趣があり、日当たりもずっと良さそうだ。

「『あなたの暮し』は公平さをモットーにしていることから、無色透明なイメージが浮かびました。なのでセットはとくに色をつけずに白にし、“朝ドラのヒロインは光を背負った明るい場所にいるべき”と考えて、窓を増やしました」

 そう語るのは、NHKデザインセンター映像デザイン部チーフデザイナーの近藤智さん。近藤さんはこれまで大河ドラマ『義経』『武蔵 MUSASHI』などの美術を手がけてきた美術制作のプロだ。

 記者がセットで注目したのは、実在の名編集長・花森安治さんをモチーフにした花山伊佐次(唐沢寿明)が使っている、編集部の奥の方にデーンと鎮座する青っぽい机。

「花森さんは机を何度も塗り直して使っていたそうです。その色が青だったらしいので、100色くらいの青い色のなかから、当時の関係者にいちばん近い色を選んでもらいました。長年大事に使ってきたということが伝わるよう、塗っては剥がしてという具合に古びた感じを出しました」(近藤さん)

1/2ページ

最終更新:8/26(金) 7:00

NEWS ポストセブン