ここから本文です

阪神・藤川球児の「火の玉ストレート」誕生秘話

NEWS ポストセブン 8/26(金) 7:00配信

 プロ野球の世界では「野茂英雄のフォーク」や「堀内恒夫のカーブ」など、数々の「決め球」が存在する。しかし、取材を進めると「変化球が決め球とは限らない」という複数の証言にも突き当たった。“カネやん”こと金田正一氏(国鉄→巨人、1950~1969年、通算400勝)も決め球は、伝説の“天井カーブ”ではなく、ストレートだと強調する。

「ワシはピンチになると、ど真ん中に速球を3つ投げ込んだものじゃよ。コースを狙うとボールになるから、ど真ん中を狙って思い切り腕を振って投げる。すると球が手元でグッと伸びる」

「フォークの元祖」といわれる杉下茂氏も“決め球ナンバーワン候補”と呼ぶにふさわしい球は、

「ベーやん(=別所毅彦、南海→巨人、1942~1960年、通算310勝)のカーブ、大友工(巨人ほか、1950~1960年、通算130勝)のスライダーもすごかったが、カネやんのストレートは天下一品だった」

 と証言する。金田氏はこう続ける。

「カーブはカウントを稼ぐ球。何種類も投げ分けたが、たい焼きと同じで、型に流し込むように全部ストライクゾーンを通った。天井カーブは真上からストライクゾーンを通るので、キャッチャーはミットを上に向けて捕ったんじゃ。

 杉下さんのフォークもよく落ちたが、やはりストレートがすごかった。速い球が決め球だからこそ、変化球が威力を増すんじゃ」

 その杉下氏は星野仙一氏が阪神監督に就任した時、“藤川にフォークを教えてほしい”と頼まれたという。

「でも、見ると真っすぐが走ってない。“まずはストレートを磨いてこい”といったんです。それで藤川は直球を3年磨いてからボクのもとに来た」(杉下氏)

 安易に変化球に走らなかったことで、「火の玉ストレート」が生まれたというのである。杉下氏は最近の投手に物足りなさを感じるともいう。

「ストレートを決め球にするには、バッターの手元でボールが伸びて、バットがボールの下を通るようにならないといけない。163キロを投げる大谷翔平君(日ハム、2013年~)にしても、球速は十分でもストレート自体の伸びや制球力が甘い。もう少し手首で引っぱたくイメージで投げると、もっと素晴らしい投手になる」

 コントロールの重要性は350勝投手・米田哲也氏も指摘する。稲尾和久(西鉄、1956~1969年、通算276勝)のスライダーを絶賛した米田氏は、スピードとコントロールの調和をポイントに挙げた。

「サイちゃん(稲尾)の高速スライダーは、本当にすごかった。高目で誘うようなことはせず、低目にしか投げなかった。フォアボールも少ないし、少しの曲がりでバットの芯を外すから、長打を打たれない。スライダーはコントロールが良くないと、ホームランボールになってしまうからね」

※週刊ポスト2016年9月2日号

最終更新:8/26(金) 7:00

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。