ここから本文です

5000人の美女を撮影した巨匠が伝授する「おんなの撮り方」

NEWS ポストセブン 8/26(金) 16:00配信

 女性を綺麗に撮影するのは難しいもの。40年で5000人の美女を撮影してきた“グラビアの巨匠”は、どんなテクニックを使っているのだろう? そこで、『おんなの撮り方 渡辺流』(小学館)を上梓した渡辺達生氏に、渡辺流テクニック6か条を教えてもらった。

【その1】
 惹き付けられる写真からは“時の流れ”が感じられる。一連の動きの瞬間を切りとり、見る側に前後の動きを想像してもらうには、フレーミングが重要。空間をうまく活用しよう。

【その2】
「笑って!」で笑える子はいない。面白いことを言う必要はないので、好きな食べ物の話などで常に会話をしながら撮影すること。会話が盛り上がれば、自然と笑顔が増える。

【その3】
 プロとアマチュアの違いは「シャッター回数」。アマチュアが2回押す間に、プロは少なくとも20回は押している。魅力的な表情を撮るためには何回でもシャッターを押すべきだ。

【その4】
 濃いメークはNG。恥ずかしくて赤くなったり、青くなったり、沈んで暗くなったりといった“顔色”の変化、生きた表情をメークという仮面で隠してしまうのはもったいない。

【その5】
 女性の美しさは正面だけとは限らない。横、後ろ、斜め……。彼女の周りをグルグル動き回ることで、今まで気づかなかったアングルを見つけることができる。

【その6】
 後ろ姿は無防備な分、そこに自然の表情が写し出される。背中からヒップにかけてのライン、うなじの線、ヒップのふくらみなど、女性が気づいていない美しさを撮影しよう。

※『おんなの撮り方 渡辺流』出版を記念し、スペシャルゲストを招いたトークイベントが9月4日(日)に書泉グランデ(東京・神保町)にて開催予定。

※週刊ポスト2016年9月2日号

最終更新:8/26(金) 16:00

NEWS ポストセブン

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。