ここから本文です

戌井昭人氏 これから行ける「一番お勧めの花火大会」紹介

NEWS ポストセブン 8/26(金) 16:00配信

 散歩ばかりしているという作家で劇団「鉄割アルバトロスケット」主宰の作家・戌井昭人氏の週刊ポスト連載「なにか落ちてる」より、「オススメの花火大会」についてお届けする。

 * * *
 各地で花火大会が行なわれています。「もう行ったよ」という人、「これから行こうと思っている」という人。わたしは、この前の江戸川の花火大会に行ってきました。蒸し暑くて、クラクラしましたが、間近で見る花火は良いものです。江戸川の花火大会は、今回が初めてでしたが、隅田川の花火大会は結構行っていまして、学生のころ、花火大会の日に、かき氷を売るアルバイトをしていたこともあります。

 そのとき、一緒にアルバイトしていた友達が、氷削りの刃で手を切り、削った氷に血がかかりました。友達は、痛かったのと動揺したのもあって、「大変だ! イチゴのかき氷になっちゃったよ」と騒ぎはじめました。そんなことよりも、「早く怪我を手当てしなくちゃ」と、応急処置をしました。以来、わたしは、イチゴのかき氷を見ると、ちょっと怖いのです。

 浅草に住んでいたころは、うろうろしていれば、ビルの谷間から、花火を見ることができました。そして町に漂ってくる火薬の匂いを嗅ぎながら、「いいもんだ」などと思ったりしていたものです。一度、隅田川沿いのマンションに住んでいる方の部屋へ招待していただいたことがあり、そこで見た花火は最高でした。しかし30分くらいすると、豪雨になって、稲光が走り、中止になってしまいました。帰り途、町を歩く人々は、濡れ鼠状態、壮絶な光景でした。

 あと伊東の花火大会も、海の家でアルバイトをしていたときに見たことがあります。砂浜に寝転んで、海から上がる花火は、とても良いものです。それと以前住んでいた屋上の小屋からは、多摩川の花火大会を見ることができました。

 このようにズラズラと花火大会の思い出を書いていたら、単に自分が、花火好きのオメデタい野郎に思えてきましたが、実際にそうなのかもしれません。

1/2ページ

最終更新:8/26(金) 16:00

NEWS ポストセブン

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。