ここから本文です

清野菜名、森川葵ら“女神”たちの魅惑の写真が初公開!

Smartザテレビジョン 8/26(金) 7:02配信

内村光良が初の原作・脚本・監督・主演を務め、10月22日(土)に公開される映画「金メダル男」から、上白石萌歌、大友花恋、清野菜名、山崎紘菜、森川葵ら豪華女優陣の役どころとともに、物語の主人公・秋田泉一を惑わす魅惑の場面写真を一挙に公開された。

【写真を見る】豪華女優陣の他にも“かわいいだけじゃカワイイだけじゃダメなんですか!?”でおなじみのあのアイドルグループも出演!

幼少時代、徒競走で一等賞の金メダルを取ったことをきっかけに、一等賞を目指し続ける人生を歩む秋田泉一。絵画から書道、火起こしや大声コンテストなどあらゆるジャンルで一等賞を取りまくり、“塩尻の金メダル男”とまで称された小学生時代を経て、満を持して入学した中学で彼を待ち受けていたのは、挫折ばかりの人生だった。

本作の見どころは、女神(ミューズ)たちに翻弄(ほんろう)される“煩悩まみれ”で“誘惑に弱い”泉一の姿。上白石と大友の2人は、水泳部の先輩役(上白石)、剣道大会の対戦相手(大友)として、中学生となった泉一が初めて異性を意識してしまう存在として登場。

清野は泉一が憧れるアイドル・北条頼子役、山崎は上京後も失敗続きの泉一の前に突如現れる謎の美女役。そして森川は、高校卒業後に上京した泉一が出会った村田俊太郎(ムロツヨシ)率いる「劇団 和洋折衷」の先輩団員を演じる。

それぞれが泉一の人生の要所に現れ、良くも悪くも泉一の人生に転機をもたらす、重要な役どころとなっている。

「撮りたい画を実現するため、キャスティングには非常にこだわりました。女優陣が美人だらけだと指摘されたのですが、これも私のこだわりゆえでしょう(笑)」と内村監督はコメント。

ちなみに森川と大友の2人は、内村がMCを務めるバラエティー「痛快TVスカッとジャパン」(フジテレビ系)内の人気コーナー「胸キュンスカッと」での出演を通して、その演技力に魅了された内村から大抜てきされた。

また写真を見た瞬間「この子!」と内村が即決したという山崎に加え、明るく素直な性格で歌収録・ダンス練習と、監督はじめスタッフの人気者だった清野、撮影前に水泳の練習に励みターンをマスターして撮影に挑んだ上白石と、若手注目女優が内村監督のため集結した。

■上白石萌歌/水泳部の先輩・黒木よう子役。

「泳ぎの練習をしてきてくれてとても助かりました。照明のあて方にもこだわり、“煩悩”を表現してみました(笑)」(内村監督)

【本人コメント】スクール水着を着てプールに入って泳ぐっていうのが初体験だったので、すごく緊張しました。(内村監督の印象は)テレビで見たままで、本当にお優しい、すごく笑顔がすてきな方です。バラエティーで見る「ワーッ」っていうような感じじゃなくて、落ち着いた、おしとやかな方なんだなって思いました(笑)。

■大友花恋/剣道の対戦相手・間宮凛子役

「実体験を元にした場面。つばぜりあいで女剣士にトキメキを覚えたことのある全国の剣道少年を代表して撮影しました。実に凛々しく演じてくれました」(内村監督)

【本人コメント】初めて剣道に挑戦するので、ちゃんと格好良く見えるか心配でした。(内村監督から)役の説明とか剣道のやり方を教えていただいて、「ああこうやればいいんだな」っていうが見えたのですごくありがたかったです。

■清野菜名/泉一の憧れのアイドル・北条頼子役

「振り付け、レコーディング、撮影とどれも楽しかったです。汗だくになりながらも嫌な顔一つせず何度も踊ってくれてありがたかったです」(内村監督)

【本人コメント】いつもテレビで司会をしている人(笑)、という印象でしたが、お会いするととにかく優しい方で、どんな言葉でもその場で笑いにしてくれるので神様みたいだなと思いました(笑)。ダンスレッスン、レコーディングと何度か内村さんにお会いする機会があったんですが、毎回場を盛り上げてくださって、自分を乗せてくれたのですごく楽しかったです。

■山崎紘菜/謎の美女・橋本めぐみ役

「実体験を元にした場面。写真を見た瞬間に『この子!』と叫んでしまいました(笑)。実際にもショートカットの非常に美しい女性でした(笑)」(内村監督)

【本人コメント】台本を読ませていただいた時に、本当にすてきなストーリーだと思ったんです。こんな豪華なキャストの皆さんの中に入れるっていうのは、すごく幸せだなって思いました。(現場は)すっごい楽しかったですね(笑)。内村監督の実体験を元にされた場面だと聞いて驚きました。

■森川葵/「劇団和洋折衷」の先輩・篠宮亜紀役

「笑いの場面だったので全編の中で一番テーク数を重ねてしまいましたが、アドリブ対応力が非常に高い女優さんで素晴らしかったです」(内村監督)

【本人コメント】ずっと「スカッとジャパン」で内村さんの番組に出させていただいていて、いつかお会いしたいなと思っていたので、今回会えてすごいうれしかったです。

(内村監督の印象は)すごく優しい方だなぁって思いました。「葵ちゃんが出る場面が一番シュールだ」と現場でおっしゃられていたのが印象的でした。もっとコメディーのお芝居について教えてもらいたいです。

最終更新:8/26(金) 7:02

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。