ここから本文です

歩けば歩くほどラクに?足を労わるヨガマットシューズ

東京ウォーカー 8/26(金) 7:30配信

南カリフォルニアのビーチカルチャーをベースとして生まれた靴ブランドSanuk(サヌーク)から、ヨガマットの素材をフットベッド(靴の内部のうち、足の裏と接する部分)に使ったシューズが登場した。ヨガマットは優れたクッション性があり、踏むとふわふわした感触で足をリラックスさせてくれる。まるでビーチにいるかのような心地よさがコンセプトだ。

【写真を見る】運動もしやすそうなシューズの1つ「Vee K Shawn」8500円(税抜)

素材の柔らかさにより、コンパクトに収納できるというメリットもある。屋外だけでなく、ルームシューズとして持ち運びすることも可能だ。靴の種類やデザインもさまざまで、スニーカーやスリッポン、本革、レースアップなど、自分のファッションや好みに併せて選択できる。

紅葉狩りなどの野外イベントも多くなる秋。ヨガマットの柔らかさを体感してみてはいかが?【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:8/26(金) 7:30

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。