ここから本文です

林家正蔵が市川海老蔵主演ドラマで“夢の”徳川家康に

Smartザテレビジョン 8/26(金) 13:37配信

テレビ東京系で10月クールに放送する市川海老蔵主演「金曜8時のドラマ『石川五右衛門』」で、落語家・9代目林家正蔵が徳川家康役で準レギュラーとして出演することが分かった。

【写真を見る】正蔵は市川海老蔵&國村隼との“目ヂカラ”対決に勝てるのか!?

本ドラマは、'09年に海老蔵主演で好評を博した新作歌舞伎「石川五右衛門」に潤色を加え、映像化したもの。石川五右衛門(海老蔵)と、豊臣秀吉(國村隼)との対決を主軸に、秀吉の側室・茶々(比嘉愛未)とのロマンスなどを、ケレン味たっぷりに描く痛快スペクタクル。

正蔵が時代劇に出演するのは'02年放送の「お美也」(NHK総合)以来14年ぶりのこと。

今回正蔵が演じるのは、秀吉が権勢を振るう中で虎視眈々(こしたんたん)と権力の座を狙う武将・徳川家康。五右衛門と秀吉にとって、家康は二人の命運を握るキーパーソンとなる。

山鹿達也プロデューサーは、「今回の徳川家康は、石川五右衛門と豊臣秀吉の対決軸に、大外から絡んでくる、ダークホース的な役どころ。あまり多くを語らない、寡黙の中に何を考えているのか分からない不気味な存在です。

話がうまく、明るいイメージの正蔵師匠の噺家のイメージを逆手に取り、意外性のあるキャスティングを狙いました。口ではなく、目で話す正蔵師匠の家康にご注目ください!」と起用理由を説明し、番組をアピールした。

出演に際し、正蔵がコメントを寄せた。

■徳川家康役・林家正蔵のコメント

――時代劇の出演は14年ぶりとのことですが、撮影はいかがですか?

徳川家康というお役が私に回ってくるとは夢のようでございます。私の生き方として、家康のように、ホトトギスが鳴くのを待つタイプなので、「やった!」という感じです。私がホトトギスで一句詠むのであれば「鳴かぬなら おうちで飼おう ホトトギス」。そういう優しいタイプなので、おそらく戦国時代では生き残れないと思います(笑)。

――主演・市川海老蔵さんと共演した感想を教えてください。

いつも客席から拝見しています。團菊祭五月大歌舞伎('16年5月)の「男女道成寺」も見たばかり。ポーッとしちゃいました。

(今回のオファーについて)「ご一緒させていただいて良いのかな、名優の方ばかりの中に入って申し訳ないな、でも一生懸命やりましょう!」と思っておりました。

――京都の撮影所の雰囲気はいかがでしたか?

子役の時以来なので本当に久しぶりで、ほぼ初めてです。こっちにあの時代劇、あっちに大御所の役者さんが歩いているので、まるでテーマパークにきたような気分。ドキドキ、そしてワクワクしました。

最終更新:8/26(金) 13:37

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
12月7日

特別定価:350円

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。