ここから本文です

あこがれの祇園エリアで食べたい!必食の京グルメ7選

東京ウォーカー 8/26(金) 17:00配信

世界に誇る観光地、京都。中でも花街のおもかげを残す祇園は、舞妓さんが通る路地や元お茶屋の飲食店、甘味処などが並ぶ京都一華やかなエリア。京情緒溢れる祇園エリアを楽しむための“必食”の京グルメを紹介しよう!

【写真を見る】はんなりした祇園では珍しいモダンな店内/ぎをん天婦羅 天宗

■ モダンに京素材のアツアツ天婦羅を満喫

モダンなカウンターで楽しむ天婦羅店「ぎをん天婦羅 天宗」。車エビや京野菜など、薄い絹衣をはおっているかのような天婦羅は、サクッとした歯触りで素材感たっぷり。昼夜共に通し揚げのコースのみで、「昼のコース」(3240円)の天婦羅は賀茂なすや生麸など、京素材を含む全9品を、綿実油でカラリと軽く揚げて一品ずつ提供。カウンターの向こうに立つ料理長との会話を楽しみながら、揚げたてアツアツの旬の味覚を堪能しよう!

■ まるで宝石箱、色鮮やかな寿司がズラリ

2012年に祇園の路地奥から花見小路沿いに移転した「祇をん 豆寅」。舞妓さんがおちょぼ口でも食べられるようにと作られた、直径3cmほどの豆すしが名物。「豆すし膳」(4536円)には、季節ごとに旬の食材が使用され、魚介や京野菜などに細かく丁寧な仕事が施された宝石のような15種が、桐箱に並んで登場する。シバ漬けを忍ばせた鯖寿司など、多彩な味に感動すること間違いなし!

■ 平日でも行列必至! 祇園の名物パフェ

開店前から行列ができることでおなじみの、宇治抹茶スイーツが楽しめる甘味処「茶寮都路里 祇園本店」。つねに満席だが、午前中は狙い目だ。都路里の魅力がすべて詰まった人気のパフェは、抹茶をはじめ玄米茶やほうじ茶など約10種。アイテムごとに抹茶を使い分けて、味や香りを多彩に表現している。いちおしの「特選都路里パフェ」(1383円)は、クリーム、カステラ、ゼリー、アイスと抹茶尽くしで絶品!

■ ほろっと崩れるほど柔らかいニシン

創業から150余年、にしんそば発祥の店として有名な「総本家 にしんそば松葉」。自慢の「にしんそば」(1404円)は、秘伝のタレで煮込んだニシン棒煮と喉越し抜群の自家製麺、京都らしい薄味のダシが絶妙にマッチ!

■ 京野菜イタリアンを絶品ランチで

人気イタリアンシェフの笹島保弘氏がオーナーを務める「イル・ギオットーネ」。契約農家から仕入れた京野菜をはじめ、京都の食材をふんだんに盛り込んだメニューは絶品ばかり。女性に人気のランチはぜひ予約を!

■ 2014年に登場したマリベルの新ブランド

マリベルの姉妹店「カカオマーケット バイ マリベル」では、産地によって風味の違いがある、世界各国の厳選カカオを使ったチョコレートの量り売りをメインに展開。中でも、サクサク生地の中にクリームをたっぷり詰めた「カンノーロ」(各378円)が大人気なのでチェックしておこう!

■ 懐かしの粉もんをアレンジして京名物へ

「壹錢洋食 本店」では、昭和初期のおやつである一銭洋食を独自のアレンジで再現・進化させた、「壹錢洋食」(680円)が評判。九条ねぎや牛肉など、9種の具を生地で包んで甘辛ソースで仕上げ、中にはトロトロの半熟卵も入って食べごたえ十分!

【関西ウォーカー編集部】

最終更新:9/12(月) 15:56

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。