ここから本文です

山崎賢人、ロケ地・鎌倉高校で「波に乗って登校する!」と妄想全開

Smartザテレビジョン 8/26(金) 22:22配信

俳優の山崎賢人が25日、広瀬すずらとともに主演映画「四月は君の嘘」(9月10日公開)のロケ地・神奈川県立鎌倉高等学校に“凱旋サプライズ訪問”を果たした。

【写真を見る】鎌倉高校の生徒たちの大歓声に包まれた広瀬すず、山崎賢人、石井杏奈、中川大志

映画は、母の死のショックからピアノの音が聞こえなくなった天才ピアニスト高校生・有馬公生(山崎賢人)が、勝気で自由奔放なヴァイオリニスト・宮園かをり(広瀬すず)と出会ったことをきっかけに再び“母との思い出”とピアノに向き合う決心をするが、かをりにはある秘密があって…というストーリー。作品の軸となる学校でのシーンは、この鎌倉高校で撮影された。江ノ島電鉄(通称・江ノ電)の沿線にあり、湘南の海や江ノ島が眼前に広がる美しいロケーションから“青春偏差値日本一”のキャッチコピーを持つ同校だが、映画の撮影に使われたのは今回が初めて。

山崎はこの日、広瀬と公生の幼なじみ・澤部椿役の石井杏奈、渡亮太役の中川大志のキャスト4人で鎌倉高校へ。現在夏休み真っ最中の同校だが、生徒たちは“新城毅彦監督トークショー&試写会”とのみ伝えられ、体育館へ集まった。キャスト4人からの「会場に行けなくてごめんなさい」というビデオメッセージが流されたあと、新城監督のトークショーの最中に山崎らが登壇すると、生徒たちは大絶叫&大歓声!

その後は、新城監督に4人を加えたかたちでのトークショーに。同校のキャッチコピー“青春偏差値日本一”とかけて「もし自分が鎌倉高校の生徒だったら、どんな青春を体験したいか」という質問に中川が「学校を出てすぐの坂道がキレイなので、あの道をスケボー登校したいです!で、帰りは江ノ電で(笑)」とジョークを交えて話せば、山崎も「それならこっちは海の水平線から波に乗って登校する!」と妄想全開。しかし山崎は、新城監督の「ただ女の子と帰れればいいかな」にも「それです。最高の青春ですね」と乗っかり、女子生徒から歓声を受けていた。一方、広瀬は「しらす丼が食べたいから、朝釣って、おひるごはんにします」と江ノ島の名物に着目して妄想を展開した。

同校のキャッチコピーについて「すごいです。自分が青春まっただ中にいるときにこれを考えることができるってことはすばらしい」と、同高の生徒たちの感性に深く感じ入った山崎。湘南の海に江ノ島という最高のロケーションのもとで展開した“青春まっただ中”のストーリーが、間もなくベールを脱ぐ。

キャスト4人のコメント

■広瀬すず

皆さんこんにちは。撮影時はお世話になりました。嘘ついてごめんなさい(笑)呼ばれたので来ちゃいました!この学校は景色もよくて最高ですね。もし私が生徒だったら、しらす丼が食べたいので、朝釣ってお昼ご飯に食べたりとかも面白いですね(笑)(生徒から「転校してきてー!」と声かけがあり)いいですか?こんな熱量がすごい皆さんに囲まれての青春、楽しそうですね。映画も負けないくらいキラキラした青春映画なので、是非映画館に観に来てください。

■山崎賢人

こんにちは。皆さんすごい熱気ですね。(広瀬さんに手紙を書いた生徒に)彼は皆さんのヒーローだよね!僕がこの学校の生徒だったら、海の水平線から波に乗って沖から登校を夢見ます!それくらいここは最高のロケーションだと思います。(青春偏差値日本一のキャッチコピーについて)すごいです。自分が青春真っ只中にいるときにこれを考えることが出来るってことは素晴らしいと思います。しかもロケーションのことだけじゃなくて、みんなの内面の青春がってことはなかなか言えないです。是非、その素晴らしい熱量を劇場に運んでください!

■石井杏奈

皆さん、撮影時は本当にお世話になりました。本日が夏休み最終日だとお聞きして、このイベントが皆さんにとっての夏休み最後の良い思い出になるといいなと思います。撮影ではグラウンドを主に使わせて頂きまして、運動部の皆さんと混じってソフトボールを頑張りました。もし鎌倉高校の生徒だったら…秘密の恋をして、校内で一緒にいるとバレちゃうから屋上に行って、あの最高の景色を見ながら寝ます!(笑)(生徒から「転校してきてー!」と声かけがあり)ありがとうございます。行きたいです!皆さん今日は本当にありがとうございます。

■中川大志

皆さんこんにちは!暑いですね、熱いです!皆さんの熱気がすごいです。僕はグラウンドでサッカーを(言いかけたところでサッカー部と思われる生徒が雄叫び)お、サッカー部!?ありがとう!!こんな感じで楽しい撮影でした(笑) 屋上では山崎くんと「ここの学校の生徒は帰りに「ちょっと波乗っちゃう?」なんて言って青春を謳歌してる!」と話していたので、あながち間違っていないみたいなのでうらやましいです。僕がここの生徒なら、あの綺麗な坂道をスケボー登校します!青春満載の映画、観に来てくださいね!

最終更新:8/26(金) 22:22

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。