ここから本文です

倦怠期がチャンス! 夫との愛を深め、自分を知る「ひとり宇宙」レッスンとは

週刊女性PRIME 8/26(金) 21:00配信

 「8年間のセックスレスから解放された」「自分を愛し、自分と向き合えるようになった」「念願の赤ちゃんを授かった」……。赤裸々なメッセージで、女性の心を揺さぶり続け、7000人以上の女性の“性”を輝かせた幸せな愛の伝道師・劒持奈央(けんもつ・なお)さんに、夫婦に必ず訪れてしまう倦怠期について聞きました。

魅力がない夫の姿は自分を映す鏡!? 

 結婚して5年、10年……。年月がたつにつれ、愛は冷めていく。“もうときめかないし、会話もない”“おざなりセックスにうんざり”と、満たされぬ思いを抱えている読者は少なくないだろう。

 その原因を年月や夫のせいにしていては、夫婦の愛は復活しないと劒持さんは語る。

「倦怠期って、実は自分への“あきらめ期”なんです。“もう若くないし”とか言い訳して、自分の歓びを追求することや、自分で自分を愛することをあきらめている。その結果、夫婦仲がマンネリ化するのです」

 目の前の夫が、“しょぼくれた魅力のない男”と映るのは、自分の内面を投影しているのだとか。

「相手は自分の鏡。自分が楽しく過ごして輝いていたら、相手の輝く部分しか目に入らなくなります。ですから、まず自分に目を向けて、輝く自分を取り戻すことが先決」

 しかし、多くの人は、妻として、母として“こうあるべき”という親の教えや世間の声にとらわれ、本来の自分を置き去りにし、自分を歓ばせることを忘れているという。

「もしかしたら本当は掃除も料理も好きじゃない、でも主婦だからと頑張って毎日やってきた。そうして自分を抑えていると、自分の本当の声が聞こえず、いつしか怒りや不満がたまっていくのです。逆にいうと、倦怠期の不満は、現状から抜け出すチャンス! 

 “私は本当は何がしたいの?”“何を求めているの?”と自問することで、“夫ばかりゴルフに行って……私は寂しかったのね”“昔は画家になるのが夢だった。また絵を描きたい!”といった、自分がふたをしてきた内なる魂の声が聞こえてきます。その声に耳を傾け、自分の内側とつながることが大事なのです」

1/2ページ

最終更新:8/26(金) 21:00

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」12月6日発売
号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)

Yahoo!ニュースからのお知らせ