ここから本文です

【自転車レース】ブエルタ第6ステージはサイモン・イエーツがグランツール区間初優勝

CYCLE SPORTS.jp 8/26(金) 8:18配信

アタプマが総合首位をキープ

第71回ブエルタ・ア・エスパーニャ(UCIワールドツアー)は、8月25日にモンフォルテ・テ・レモスからルイントラ(リベラ・サクラ)までの163.2kmで中級山岳区間の第6ステージを競い、英国のサイモン・イエーツ(オリカ・バイクエクスチェンジ)が、ゴールまで残り3.5kmから逃げ切ってグランツール区間初優勝を果たした。

リーダージャージのマイヨ・ロホは、コロンビアのダーウィン・アタプマ(BMC)が守った。


第6ステージは、前日にイタリア中部で発生した大地震の犠牲者を悼み、スタート前に1分間の黙祷を行った。スタートから逃げと吸収が繰り返され、最初の1時間の平均時速は48.6km/hだった。

45km地点で10人に逃げが決まったが、BMCは大差を付けることを許さず、集団をコントロールした。カテゴリー2のアレンサ峠で先頭の逃げグループから地元スペインのオマール・フライレ(ディメンションデータ)がアタックして独走を続けたが、ゴールまで残り19kmで追走グループに吸収された。

そこからカウンターでアタックしたマティアス・フランク(IAM)が区間優勝を目指して逃げ続けたが、集団はもう1分後方に迫っていた。そしてゴールまで残り3.5kmで集団から飛び出したサイモン・イエーツは、先頭のフランクに追いつくと、そのまま彼を置き去りにしてゴールを目指し、独走で区間優勝した。

24歳のイエーツは「とても難しいコースだったが、幸運にも完璧なアタックを仕掛けることができた。本当に暑い一日だったけど、それが最後に有利に働いたよ」と、語っていた。イエーツはこの日の走りで総合10位に浮上した。

■第6ステージ結果[8月25日/モンフォルテ・テ・レモス~ルイントラ(リベラ・サクラ)/163.2km]
1 サイモン・イエーツ(オリカ・バイクエクスチェンジ/英国)4時間05分00秒
2 ルイスレオン・サンチェス(アスタナ/スペイン)+20秒
3 ファビオ・フェッリーネ(トレック・セガフレード/イタリア)+22秒
4 ベン・ヘルマンス(BMC/ベルギー)+22秒
5 ケニー・エリソンド(FDJ/フランス)+22秒
6 ダニエル・モレノ(モビスター/スペイン)+22秒
7 マティアス・フランク(IAM/スイス)+22秒
8 アレハンドロ・バルベルデ(モビスター/スペイン)+29秒
9 ロマン・アルディ(コフィディス/フランス)+29秒
10 サイモン・クラーク(キャノンデール・ドラパック/オーストラリア)+29秒
125 別府史之(トレック・セガフレード/日本)+23分01秒
147 新城幸也(ランプレ・メリダ/日本)+23分01秒

■第6ステージまでの総合成績
1 ダーウィン・アタプマ(BMC/コロンビア)21時間45分21秒
2 アレハンドロ・バルベルデ(モビスター/スペイン)+28秒
3 クリストファー・フルーム(チームスカイ/英国)+32秒
4 ナイロ・キンタナ(モビスター/コロンビア)+38秒
5 エステバン・チャベス(オリカ・バイクエクスチェンジ/コロンビア)+38秒
6 サムエル・サンチェス(BMC/スペイン)+1分07秒
7 レオポルト・ケーニック(チームスカイ/チェコ)+1分12秒
8 ピーター・ケノー(チームスカイ/英国)+1分14秒
9 ジャンルーカ・ブランビッラ(エティックス・クイックステップ/イタリア)+1分22秒
10 サイモン・イエーツ(オリカ・バイクエクスチェンジ/英国)+1分28秒
12 アルベルト・コンタドール(ティンコフ/スペイン)+1分52秒
99 新城幸也(ランプレ・メリダ/日本)+40分15秒
122 別府史之(トレック・セガフレード/日本)+47分08秒

[各賞]
■マイヨ・ベルデ:ジャンニ・ミールスマン(エティックス・クイックステップ/ベルギー)
■マイヨ・デ・ルナレス:アレクサンドル・ジュニエズ(FDJ/フランス)
■マイヨ・ブランコ:ダーウィン・アタプマ(BMC/コロンビア)
(第7ステージはアレハンドロ・バルベルデ(モビスター/スペイン)が着用)
■チーム成績:モビスターチーム(スペイン)
■敢闘賞:オマール・フライレ(ディメンションデータ/スペイン)

最終更新:8/26(金) 8:18

CYCLE SPORTS.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CYCLE SPORTS 2017年1月号

株式会社八重洲出版

1月号
毎月20日発売

670円

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。