ここから本文です

シミの予防効果も?管理栄養士に聞くコーヒーの理想的な飲み方

@DIME 8/26(金) 10:48配信

毎日、何気なく飲んでいるコーヒー。しかし、コーヒーを飲む理由はさまざまだ。眠覚ましや、気分のリフレッシュ、リラックスのために飲んでいる人は多い。そんな中、コーヒーには美肌効果もあるのをご存知だろうか。たまには、美肌のためにコーヒーをたしなむのも良いかもしれない。

そこで管理栄養士にコーヒーの美肌効果について聞いてみた。

■コーヒーの美肌効果

「さて、コーヒーブレイクでも挟もうか」。いつものタイミングで飲むいつものコーヒー。何気なく行なっている行為ではあるものの、あまり健康を目的にはされない。多くの場合、眠気覚ましや気分転換などの目的になるだろう。

そんな中、ぜひコーヒーを美肌のために飲むことも目的の一つに加えてみよう。ネスレが行った調査によれば、コーヒーポリフェノールの摂取量の多い女性ほど、シミが少ないことがわかっている。

■コーヒーでシミが抑えられる?

ネスレの調査では、コーヒー一日1杯程度飲む人より、2杯程度飲む人のほうがシミのスコアが低い結果になった。なぜコーヒーを飲む習慣があると、シミが少なくなるのだろうか。それは、コーヒーに含まれる「クロロゲン酸」というポリフェノールが、シミの原因になるメラニンの生成がいくらか抑えられることが理由と考えられている。

この美肌の救世主ともいえる「クロロゲン酸」とは一体何なのか。管理栄養士の奥田千晶さんはこう教えてくれた。

「『クロロゲン酸』とは、植物の根や葉、果実などに含まれる成分で、コーヒー生豆中にはクロロゲン酸類として約7%含まれており、コーヒーの苦みに大きく影響しています。クロロゲン酸はポリフェノールの一種で、ポリフェノールは植物自身が紫外線のダメージから身を守るためにつくられる抗酸化物質です。

肌に紫外線が当たることで発生するシミの原因となる物質の一つに、活性酸素があります。活性酸素が発生するとメラノサイトが活性化しメラニンがつくられ、これがシミとなります。抗酸化物質はこの活性酸素を消去してくれるので、シミ予防につながるという報告もあります」

■コーヒーは一日にどれくらい飲むべきか

美肌やアンチエイジングのために、ぜひ飲みたいコーヒー。果たして、一日にどのくらい飲めば良いのだろうか?

「カフェインの摂り過ぎにつながるので、飲み過ぎはよくないでしょう。個人差はあるものの健康な成人の場合、目安として1日3杯くらいであれば、リスクへの影響をあまり考えなくてもよいと考えられます。

飲み方は、ポリフェノールであるクロロゲン酸に着目すると、焙煎するほどに含有量が減るので、浅煎りがおすすめです」

まだまだ研究がされている最中のコーヒーの美肌効果。しかし、シミが低減されることは実験により明らかになっているため、確かなことだといえる。

また、美肌を狙ってコーヒーを飲む場合、ぜひ「浅煎り豆」を選んでみよう。市販やカフェのコーヒーは、深煎りが一般的であるが、店舗や商品によっては浅煎りを出しているケースもあるので、探してみよう。

毎日、適度なコーヒー摂取で、美肌効果も意識してみてはいかがだろうか。

取材・文/石原亜香利

@DIME編集部

最終更新:8/26(金) 10:48

@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年1月号
11月16日発売

定価630円

ヒット商品&トレンド大予測!
ふるさと納税駆け込み攻略ガイド!
発表!小学館DIMEトレンド大賞
別冊 DIME創刊号付き

@DIMEの前後の記事