ここから本文です

ジェニファー・ローレンス、2年連続世界で最も稼いだ女優に!

VOGUE JAPAN 8/26(金) 22:00配信

ジェニファー・ローレンス(26)が2年連続で世界で最も稼いだ女優に輝いた。『フォーブス』誌が毎年発表するこのランキングで1位に輝いたジェニファーは2015年6月から2016年6月の間に4600万ドル(約46億円)を稼ぎ出したという。昨年度の5200万ドル(約52億円)の収入からは11.5%減となっているが、それでも2年連続でトップの座を守り抜いた。

ジェニファー・ローレンスの関連フォトギャラリー。

「ハンガーゲーム」シリーズ最新作による収入や新作『パッセンジャーズ』の前払い分の出演料がこの高額収入に大きく貢献したとみられるジェニファーは、2位のメリッサ・マッカーシーに1300万ドル(約13億円)の差をつけている。しかしメリッサは現在日本で公開中の『ゴーストバスターズ』から得た収入が大きく、去年よりも1000万ドル(約10億円)多い3300万ドル(約33億円)を稼いだ。

『ジャングル・ブック』『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』などに出演したスカーレット・ヨハンソンンが2500万ドル(約25億円)で3位につき、ジェニファー・アニストンが2100万ドル(約21億円)で4位、中国人女優ファン・ビンビンが1700万ドル(約17億円)で5位に入っている。

高額な収入を得ている女優たちだが、それでも男女間に出演料の格差は残っているのが現実だ。また高額所得を得る女優たちの90%は映画の出演料のほかに広告などから収入を得ているという。

4位に入ったジェニファーはエミレーツ航空やスマートウォーター、アヴィーノのからの広告収入が大部分を占めており、2位のメリッサも自身が手掛けるファッションラインから多額の収入を得ている。

2000万ドル(約20億円)以上の収入を得た女優は昨年度の3人に比べ4人とアップしたものの、それでも2000万ドル以上の収入が18人もいる男優とは大きな差が出る結果となった。

【『フォーブス』誌発表 2016年度世界で最も稼いだ女優ランキング】

1.ジェニファー・ローレンス 4600万ドル(約46億円)

2.メリッサ・マッカーシー 3300万ドル(約33億円)

3.スカーレット・ヨハンソン 2500万ドル(約25億円)

4.ジェニファー・アニストン 2100万ドル(約21億円)

5.ファン・ビンビン 1700万ドル(約17億円)

6.シャーリーズ・セロン 1650万ドル(約16億5000万円)

7.エイミー・アダムス 1350万ドル(約13億5000万円)

8.ジュリア・ロバーツ 1200万ドル(約12億円)

9.ミラ・クニス 1100万ドル(約11億円)

10.ディーピカー・パードゥコーン 1000万ドル(約10億円)

Text by Bangshowbiz

最終更新:8/26(金) 22:00

VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2017年1月号
2016年11月28日発売

700円(税込み)

「超豪華!国内外の「OVER THE TOP」な女性たちの大特集
「Women of the Year」、「VOGUE BEAUTY AWARD」を発表」

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。