ここから本文です

アマゾンは「感動ドラマ」でオスカーを狙う:予告編公開

WIRED.jp 8/26(金) 11:00配信

アマゾンはストリーミングサーヴィスと映画配給スタジオとしては新参者だが、CEOのジェフ・ペゾスは「アカデミー賞を獲得したい」と公言している。
そのアマゾンは2016年1月、潤沢な資金を手にサンダンス映画祭へと乗り込み、6本の映画の権利を購入した。そのなかでも最も高額で購入された作品が『Manchester by the Sea』だ。

【予告編動画を見る】ヒューマンドラマ『Manchester By The Sea』の予告編

これは脚本家で監督でもあるケネス・ローナガンの3作目(1作目は『ユー・キャン・カウント・オン・ミー』、2作目は『マーガレット』)で、アマゾンは1000万ドルを支払った。プレミア上映で熱狂的な拍手を浴びてから数カ月が経ったいま、ようやく予告編が公開された。

主人公のリー・チャンドラーを演じるのは、ケイシー・アフレック。兄の死を受けて海辺の故郷に戻ったところ、自分がティーンエイジャーの甥の法定後見人になっていることを知る。

作品は監督のローナガンが得意とする家族ドラマで、俳優たちの見せ場がたくさんある。11月18日(米国時間)に一部の映画館で限定公開され、12月末にかけて映画館の数を増やしていく予定だという。明らかに映画賞のシーズンを狙ってのことだ。

ケイシー・アフレックはすでにアカデミー助演男優賞にノミネートされたことがある(2007年『ジェシー・ジェームズの暗殺』)。予告編は、主演男優賞候補に選ばれそうなアフレックの演技だけでなく、ミシェル・ウリィアムズやルーカス・ヘッジズの演技にも焦点が当たる仕上がりとなっている。

アマゾンが、ドキュメンタリー以外のアカデミー賞レースに参入したがっているのは明らかだ。今回のような人間ドラマを扱った作品を獲得したことが、その姿勢を明確している。

K.M. MCFARLAND

最終更新:8/26(金) 11:00

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。