ここから本文です

ハメスのユーベ移籍は決定済み!? 「弁護士が今日トリノに…」と意外なところが暴露し波紋

Football ZONE web 8/26(金) 11:40配信

不動産業者の「プロトグループ」が、電撃移籍決定を示唆するような声明を発表

 レアル・マドリードのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスがユベントスに電撃移籍となる可能性が急浮上しているが、これを裏付けるような情報が意外なところから流出し、波紋を広げている。スペイン地元紙「AS」が報じている。

スペイン紙が選ぶ”銀河系軍団”レアルの「今世紀最低の補強10人」

 レアル栄光の背番号10を託されたハメスは、レアル・ソシエダに3-0で快勝したリーガ開幕戦でベンチスタートとなり、後半途中から出場した。不振を極めた昨季はピッチ外でもたびたび話題を振りまき、パトカーとの時速200キロのカーチェイス事件や素行不良などによってジネディーヌ・ジダン監督の信頼を失った10番は、移籍を勧められているとスペインメディアでは報じられている。

 こうした去就問題が浮上するなか、意外なところからハメスの移籍話が急浮上した。不動産業者の「プロトグループ」が、次のような声明を出したのだ。

「ハメス・ロドリゲスの弁護士は今日の午後トリノにやってくる。イタリアの街での邸宅の賃貸契約のためにだ。ここ数カ月間、トリノで選手に相応しい邸宅を探す役割を担っている。今日合意することになる」

イブラ、ポグバ、イグアインの住居も探す

 この不動産会社は、マンチェスターでFWズラタン・イブラヒモビッチとMFポール・ポグバの住宅探しと、トリノでDFダニエウ・アウベスとFWゴンサロ・イグアインの豪邸を準備した企業。投資用の可能性もあるが、リゾート地でもない工業都市のトリノで住居を探しているとするならば、目的地となるクラブはトリノかユベントスに他ならない。

 ハメスはセリエA6連覇と欧州王座奪還を狙うユベントスに、電撃移籍となるかもしれない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/26(金) 11:40

Football ZONE web