ここから本文です

清武にポジションを奪われたセビージャの“10番“にロシアへの移籍が浮上

フットボールチャンネル 8/26(金) 7:50配信

 セビージャのMFイェフヘン・コノプリャンカにロシアへの移籍報道が流れている。24日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

【写真】スタンドの花、欧州の美女サポーター競演

 この夏、清武弘嗣、ガンソ、フランコ・バスケスら、中盤の選手を大量補強したセビージャ。この煽りを受けたのが、昨季リーグ戦32試合に出場したウクライナ代表のコノプリャンカだ。

 今季は、新背番号”10”を託されたコノプリャンカだが、ここまでの公式戦4試合のうち、出場はUEFAスーパーカップでの53分間と、スペインスーパーカップ第2戦での90分の計143分のプレーにとどまっている。

 マルカ紙によれば、ウナイ・エメリ監督から、ホルヘ・サンパオリ新監督に代わり、序列を落としてしまったウクライナ代表に、ロシアのゼニト・サンクトペテルブルク、スパルタク・モスクワの両チームが目をつけているということだ。

 同紙は、現時点ではセビージャはコノプリャンカを戦力と見ているが、オファーの内容次第では放出に踏み切る可能性があると指摘している。

 清武らとのポジション争いに敗れてしまった感のあるコノプリャンカ。本当にこのまま退団となってしまうのか。

フットボールチャンネル

最終更新:8/26(金) 11:22

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。