ここから本文です

監督も会長もスペイン紙も称賛! セビージャ清武の現地評価が急上昇中

Football ZONE web 8/26(金) 13:10配信

リーガ開幕戦で1得点1アシスト 引き抜いたモンチSDの手腕も讃えられる

 セビージャの日本代表MF清武弘嗣は、リーガ・エスパニョーラ初陣でいきなり1ゴール1アシストを決める活躍を見せた。衝撃のデビューを果たした清武と、その活躍を予見したクラブ側の英断を現地紙は高く評価している。

【写真特集】リオ五輪を彩る女子サッカーの美女選手たち

 清武はエスパニョールとの開幕戦で、前半21分に左CKのキッカーを務めるとFWビエットのヘディングシュートをアシスト。さらに5-3で迎えた後半29分には、MFバスケスが中央でボールをキープすると、右サイドのスペースに向かってスプリント。ボールを受けると右足で落ち着いてシュートを決めて、デビュー戦で初ゴールをゲットした。その後、横パスを奪われて失点に絡むミスを犯してしまったものの、6-4の打ち合いを制する原動力となった。

 スペイン紙「スポルト」は、清武の移籍について「もし、それがセビージャの強化技術部門に在籍し、世界中の移籍市場に最も知識のある男モンチSDが関わっていなかったとしたら、ハノーバーからの選手加入は全ての人が驚いただろう」と、敏腕で知られるセビージャのモンチSDの手腕を讃えている。

 またセビージャのペペ・カストロ会長は、今回の清武加入について「キヨタケの加入は、モンチに対していつも脱帽するもののうちの一つだね」と両者を高く評価したコメントを残しており、世界的なネームバリューはまだないものの、清武はすでに“実力者”として認められているようだ。

“鬼門”突破に向けて好スタートを切る

 同紙も「バルサ相手のスペインスーパー杯で良いプレーを見せ、エスパニョール戦ではより良いプレーを見せ、失点に絡むミスもあったが、それは“逸話”でしかない」と高く評価している。また、ホルヘ・サンパオリ監督の「清武は信じられないような試合をしてくれた。彼は今日の試合での勝利の基盤になった」とのコメントも紹介している。

 レアル・マドリードとのUEFAスーパー杯、バルサとのスペインスーパー杯を経ての開幕戦での大活躍。日本人選手にとっての“鬼門”突破を誓う清武が、セビージャで好スタートを切ったことは間違いない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/26(金) 13:10

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。