ここから本文です

去就注目のバロテッリ、新天地はフランスか? ニース指揮官が移籍を承諾

フットボールチャンネル 8/26(金) 8:00配信

 リバプールに所属する元イタリア代表FWマリオ・バロテッリの新天地はフランスになるかもしれない。25日に英紙『デイリー・スター』が報じている。

【動画】本田、得点を生む“6つの技”を伊メディアが動画で紹介

 リバプール指揮官のユルゲン・クロップ監督から戦力外通告を受けたことで、その去就が注目されているバロテッリ。同選手は今夏に退団が確実視されているが、連日のように様々な新天地が候補に挙がるにもかかわらず、未だに新天地は決まっていない。

 しかし、バロテッリの獲得に乗り出しているクラブがいるようだ。それがフランス・リーグアンのニースだと報じられている。

 ニースは、バロテッリについてすでに何度も取り合わせており、すでに何度も話し合いを行っているという。その上、チーム指揮官のリュシアン・ファーヴル監督もすでにバロテッリの移籍に承諾しているようだ。

「もしチームに上手く溶け込み、しっかりと走ってハードワークをし、さらに若い選手のための模範となれるのであれば、彼を獲得したいクラブにとって何か問題があるようには思えないけどね」

 こうなれば後は、バロテッリの保有権を所有するリバプールと金銭面で合意に至るだけとなる。その上、ニースは地理的にイタリアに近い街だ。果たしてバロテッリは新天地にフランスを選ぶだろうか。

フットボールチャンネル

最終更新:8/26(金) 8:00

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。