ここから本文です

SMAPファン暴走、ジャニーズのメリー副社長宅に糞バラマキの嫌がらせか…怒り爆発

Business Journal 8/26(金) 22:30配信

 一連のSMAP解散騒動について「誰が犯人なのか」という報道が、解散発表から約2週間が経過した今も続いている。スポーツ紙を中心とする、ジャニーズ事務所の意向に沿った報道に終始するメディアでは、「香取慎吾が『木村拓哉の顔は見たくない』と言い始めた」「中居正広が草なぎ剛・稲垣吾郎・香取に『木村と口きくんじゃねーぞ』と言い放った」といった“木村被害者”報道が目立つ。

 これについて芸能事務所幹部が解説する。

「香取が木村に拒絶反応を示していることは、確かに事実です。ただ、それだけを切り取って“香取暴走説”を唱えるのは事実を歪曲させています。SMAPを育てた元マネージャー・I氏と共にメンバー全員で独立することを決意したのに、直前で反故にした木村の裏切り行為を一切無視しています」

 このように、解散の元凶を木村の裏切りとする意見も目立つ。しかし現在、SMAPファンの間で大勢を占める意見が、「ジャニーズのメリー喜多川副社長がSMAPを空中分解させた」という“メリー犯人説”だ。デビュー当時からのSMAPファンが憤りながら語る。

「メリーは娘で副社長の藤島ジュリー景子かわいさにSMAPを壊したんです。デビュー当時は鳴かず飛ばずだったSMAPを、日本を代表するアイドルグループに成長させたI氏の手腕にジュリーは嫉妬していました。SMAPがスターダムを駆け上がると同時に強引なプロデュースを行うI氏のことを、メリー自身も煙たがっていたんでしょう。昨年1月の『週刊文春』(文藝春秋)に掲載されたメリーへのロングインタビュー以後、対立が公となってI氏降ろしに拍車がかかったのです。2人の嫉妬に巻き込まれたSMAP全員が被害者で、私はメリーのことを許せません」

●実力行使

 このようなファンのメリー氏への怒りが、一部ファンを行き過ぎた暴走行為に走らせているという。

「インターネット上には、<今から事務所乗り込んで(略)やらなきゃ気が収まらない!><とりあえずメリー喜多川を(略)SMAP解散を白紙撤回しようぜ、今から事務所乗り込むぞ!>と語り、犯行計画の協力者を募っているアカウントもあります。もちろん、威力業務妨害や脅迫罪に問われる可能性もあるので、本気ではないでしょうが」(芸能担当記者)

 そして、ネット上のみならず、「一部の狂信的ファンは“実力行使”に出ています」と、メリー氏自宅の近隣住民が漏らす。

「最近、不審な女性が夜遅くにウロウロしていることが増えてきたんですよ。どうやって調べたのかわからないのですが、ファンの方々はメリーさんの自宅を知っているみたいで。1週間ほど前には、明らかに犬のものではない糞のようなものがエントランス付近の床に広がっていたのです。管理人にはすぐ報告したのですが、閑静な場所なのにここ最近は本当に住みづらくなっていて、しばらくは親戚の家に移ろうと思っているくらいです」

 誰も幸せにならない今回のSMAP解散劇。一日も早く事態が沈静化することを願うばかりである。
(文=編集部)

文=編集部

最終更新:8/27(土) 9:53

Business Journal

なぜ今? 首相主導の働き方改革