ここから本文です

「残酷な天使のテーゼ」の作詞・及川眠子、『エヴァ』での儲けは6億円!? 作詞の裏事情を赤裸々に語る!!

おたぽる 8/26(金) 22:00配信

 25日深夜、テレビ東京系で放送されたバラエティ番組『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告』に、作詞家の及川眠子が出演し、作詞の裏側や儲けのからくりなど、驚きの内情を暴露した。

 アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』(以下、エヴァ)でおなじみの楽曲「残酷な天使のテーゼ」や「魂のルフラン」などの作詞を手掛けたことで有名な及川。昨年9月放送の『アウト×デラックス』(フジテレビ系)に出演した際も、「企画書と最初の2話を早送りで見て2時間ほどで書き上げた」「『エヴァ』のおかげでこの四半世紀(25年)年収が3000万円を切ったことがない」「『エヴァ』のパチンコの印税で(年収が)億行きました」と、仰天のエピソードを明かし、話題となった。

 今回及川は、その『エヴァ』楽曲の作詞や印税についてさらに詳細な裏事情を明かした。

 ネット配信も含め、100万枚以上の売り上げを誇る「残酷な天使のテーゼ」は、キングレコードのプロデューサーから、「難しい歌詞にしてくれ」という依頼があったそう。悩んだ及川は、「萩尾望都さんの『残酷な神が支配する』(小学館)という漫画を見て、パッと閃いて、これを使おうと思った」と、名曲誕生の背景を告白。アニメが出来上がっていない状況で、渡された企画書のみを参考に作詞をしたというが、「『14歳の少年少女』と『お母さん』と『年上の女』というキーワードが浮かんで。(高橋)洋子ちゃんが歌うのならば、14歳の子供の立場からでは変だ。母親や年上の立場からにしようって」と、作詞センスの高さを感じさせるエピソードも。

 一方の「魂のルフラン」については、「1話分だけビデオをプロデューサーに渡され、『これ観て感じたことを書いて』と言われた。それが“死んで生き返る”という内容で、『ああ~“輪廻”ね』って書いたのがアレ」とサラッと告白。これには番組MCの次長課長・河本から「一番エヴァンゲリオンを愛している人が書いた詞だなって思うくらいですよ(苦笑)」と思わず突っ込みが。

 番組ではさらに、“儲けのからくり”も暴露。通常、作詞家の印税は、CD一枚の低下の6%からJASRAC(日本音楽著作権協会)の手数料を引いたものを作詞家・作曲家・音楽出版社で分ける。つまり、CD1枚1,000円の場合、全曲作詞していれば約15円ほどの印税が入る仕組みだ。
 
 作詞だけでも数千万円の儲けがある「残酷な天使のテーゼ」は、パチンコによる印税も大きく、『エヴァ』のパチンコ台の場合、1曲につき1台約30円の契約料が入る契約で、これに「魂のルフラン」を加えた2曲が採用されたため、1台60円。一番多いときには全国で20万台以上設置され、これまでシリーズ第10弾まで展開されていたというから、その収入はすさまじいものだ。『エヴァ』関係で、6億円以上の収入を手にし、25年間年収3,000万円以上をキープ、「とりあえず3,000万円くらいは下がったことはないんですよ」という及川に、出演者たちからは驚きの声と、ため息にも似た声が漏れた。

 そんな及川だが、14年に離婚した18歳年下のトルコ人男性に3億円つぎこみ、現在は借金生活を送っている。今月4日放送の『アウト×デラックス』に再び出演した際は、「(借金は)あと5,000万円くらい」「もう回収に入りましたから。発売中でございます。『破婚 18歳年下のトルコ人亭主と過ごした13年間』(新潮社)」と、自身のエッセイを宣伝。この自伝には、元夫との超劣悪婚を綴った衝撃の内容が綴られているようなので、及川がいかにして借金生活へと転落したか気になる人は、チェックしてみては。

最終更新:8/26(金) 22:00

おたぽる

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。