ここから本文です

“ネイマール2世”、今週中に欧州上陸を決断へ。代理人は「明日全てが決まる」

フットボールチャンネル 8/26(金) 9:00配信

 今夏に去就が話題になっているサントスに所属するブラジル代表FWガブリエル・バルボサは、遂に自身の将来について決断することにしたようだ。25日付の伊紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が報じている。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 今夏イタリアでは、ネイマール2世との呼び名も高いG・バルボサの獲得を巡ってユベントスとインテルが争奪戦を繰り広げて来た。しかし、それも今週で遂に決着がつくようだ。

 ブラジル代表のメンバーの一員としてリオ五輪で金メダルを獲得したG・バルボサは、「僕と家族と代理人は受け取ったオファーについて評価し、現在交渉中だよ。時間も迫って来ているからもうすぐ全てに決着をつける」と自身の将来について語った。

 さらに、「今ようやく決断する時が来た。1週間しか時間がないけれど、ここで全てをはっきりさせる」と今週中に決断することを明かしている。

 一方で代理人は、「明日全てが決まるはずだよ。欧州の4つのビッグクラブから届いたオファーをサントスへ持って行く」とその時間をさらに早めた。

「我々が決断をする日はきっと明日になると思う。どこからオファーが届いたかは言えないけれど、来週までにはブラジルに残るか、それとも欧州へ上陸するかの答えが出ているはずだと保証するよ」

 イタリアではインテルの方がユベントスよりも獲得に向けて一歩リードしていると報じられており、と同時に前者はFWステバン・ヨベティッチをフィオレンティーナへ、後者はFWシモーネ・ザザをウェストハムへ放出してG・バルボサを迎え入れる準備をしている。

 欧州上陸が迫るG・バルボサ。果たしてどのクラブを選ぶのか、その去就に注目が集まりそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:8/26(金) 9:06

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。