ここから本文です

”ペップ”マンC、バルサの正守護神を獲得。2020年までの契約で移籍金は20億円超に

フットボールチャンネル 8/26(金) 10:30配信

 マンチェスター・シティが25日、バルセロナから33歳のチリ代表GKクラウディオ・ブラーボを完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は4年間で2020年6月までとなっている。また、英メディア『BBC』によると、移籍金は1540万ポンド(約20億4000万円)とのこと。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 ブラーボは昨季リーグ戦32試合に出場しチームのリーグ2連覇に貢献。今季も正守護神としてリーグ開幕戦となるレアル・ベティス戦やスーペルコパに出場していた。

 シティのオフィシャルサイトを通じてブラーボは「シティに加入することができて非常に誇りに思っている」と前置きし、「バルセロナで過ごした2年間はとても素晴らしく容易に去ることはできなかった。しかし、ジョゼップ・グアルディオラ監督からの誘いを断ることはできなかったんだ」と、移籍までの経緯について説明している。ブラーボの加入により、GKジョー・ハートの移籍が現実味を帯びている。

フットボールチャンネル

最終更新:8/26(金) 10:31

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

なぜ今? 首相主導の働き方改革