ここから本文です

苦境のミラン本田、伊紙が2戦連続スタメン落ちと予想 試合勘欠如のまま日本代表に合流か

Football ZONE web 8/26(金) 21:59配信

右ウイングの定位置争いでスソの後塵を拝す

 ACミランの日本代表FW本田圭佑が、27日に敵地で行われる第2節ナポリ戦で開幕2試合連続でスタメン落ちする可能性が高まっている。イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じている。

伊メディアが選定 ベルルスコーニ体制下のミランに名を刻む「名手トップ10」

 本田は開幕戦のトリノ戦前の記者会見でヴィンチェンツォ・モンテッラ監督からポジションについて「メッザ(半分)忍者」と冗談まじりに紹介されたが、出番はなかった。ベンチを温め続け、試合は3-2でミランが勝利していた。

 背番号10が故障もなく、出番なしに終わるという屈辱を味わった本田だが、第2節でもその流れに変わりはなさそうだ。

 GKは17歳の守護神ドンナルンマ。最終ラインは右からアバーテ、新加入のグスタボ・ゴメス、ロマニョーリ、デ・シリオの4バックに。中盤はクツカ、モントリーボ、ボナベントゥーラが並び、3トップはスソ、バッカ、ニアングと予想されている。

 本田は元U-21スペイン代表MFスソに右ウイングのポジション争いで後塵を拝している。9月1日には日本代表のロシアW杯アジア最終予選UAE戦が控えているが、試合勘を欠如したまま臨むことになりそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/26(金) 21:59

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。