ここから本文です

アーセナル、ドイツ代表DFの交渉で急展開! 提示額引き上げ46億円超で合意

フットボールチャンネル 8/26(金) 11:10配信

 バレンシアに所属するドイツ代表DFスコドラン・ムスタフィ獲得を目指すアーセナルが、ついにクラブ間合意にこぎつけたようだ。『ガーディアン』など複数の英紙が報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 同紙によると、アーセナルが新たに3500万ポンド(約46億4000万円)のオファーを提示し、バレンシア側もこれを受け入れ合意に至ったとのこと。すでにムスタフィとは個人合意に達しており、数日以内にメディカルチェックも行われる見通しのようだ。

 アーセナルは今日まで粘り続けた。バレンシアは当初3000万ポンド(約39億5000万円)を要求したが、アーセナルは2000万ポンド(約26億3000万円)から2500万ポンド(約32億9000万円)の間で交渉を継続。

 しかし先日、バレンシアのパコ・アジェスタラン監督が「ムスタフィは非売品であり、クラブを離れることはない」と売却する意思がないことを明かした。ただ、「移籍市場は開いているため、まだ可能性はあるが」とも付け加えており、交渉が破談した訳ではないことも示唆している。

 さらに、ここにきてバレンシアはムスタフィに設定されている契約解除金4310万ポンド(約57億円)の支払いを要求したとも伝えられている。だが、バレンシア側もFPP(ファイナンシャルフェアプレー)遵守にあたり、選手を売らなくてはいけない状況のため、どちらが先に折れるかの勝負となっていた。

 残り数日しか移籍市場は開いていないため、ぎりぎりの交渉が続いていたが、どうやら3500万ポンドで決着する可能性が高そうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:8/26(金) 11:57

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。