ここから本文です

ユーベ、待望の“10”番はレアルの至宝か? 幹部は閉口「今は話す時ではない」

フットボールチャンネル 8/26(金) 22:30配信

 ユベントスの今季の“10”番を背負うことになるのは、レアル・マドリーに所属するスペイン代表MFイスコかもしれない。26日に伊メディア『プレミアム・スポルト』が報じている。

【写真】有名選手の美人パートナーも登場! スタジアムに現れた美しきサポーターたち

 去就が注目されているイスコは、以前からユベントスが獲得を狙っているとされているマドリーの至宝だ。とは言え、正式なオファーは未だにどこからも受け取っていないとされており、代理人も移籍の噂を否定している。

 マドリーの上層部はイスコに正式に残留することを伝えていないとされているが、そこでクラブ幹部のエミリオ・ブトラゲーニョ氏が同選手について口を開いた。

 ブトラゲーニョ氏は、「イスコは素晴らしい才能を持つ選手だよ。誰もが彼のクオリティーを知っている」と返答。一方で、ユベントスから獲得を要求されたかという質問に対しては、「今はこのことについて話す時ではないね」と否定することなく言葉を控えた。

 クラブとの契約延長更新が未だに行われず、その上新星マルコ・アセンシオの台頭もあり将来が不透明だとされているイスコ。移籍市場が閉まるまでのこの最後の数日間に、今季の“10”番を背負わせるべくユベントスはイスコの獲得に動くかもしれない。

フットボールチャンネル

最終更新:8/26(金) 22:33

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。