ここから本文です

肩・首コリよりも、女性にとっての敵は「顔コリ」だった! 若く見られたければ顔パックよりも「顔のコリ」をほぐしなさい

ダ・ヴィンチニュース 8/26(金) 11:00配信

 目尻のシワもほうれい線もほおのたるみもコリをとったら消え去る?? 顔筋ケアのパイオニア・Katsuyoの最新メソッド『逆引き アンチエイジング事典』が2016年9月2日(金)に発売される。

 同書では、老け顔に見える原因を逆引き検索できる仕様になっていて、悩みに対して顔筋ケアのパイオニアであるKatsuyoが、原因と解決法を解説している。ここでは、同書でも紹介されている老化の最大の原因の「顔のコリ」についてと、口元のコリのほぐし方を紹介しよう。

老化の原因は「顔のコリ」にある
著者のKatsuyoによると、「顔のコリ」ができると肌表面に凹凸や段差、影が生まれて、顔の印象が老けて見える原因につながるとのこと。目尻のシワやほうれい線、ほおのたるみ、左右非対称な鼻の大きさなど、多くの女性が悩まされる問題も、全て「顔のコリ」が原因になっている。シワを100%なくすことはできなくても、「顔のコリ」をとることで、上記のような悩みは軽減され、顔を若々しく好印象にすることができるのだ。

1回1~2分、朝晩2回のケアで「顔のコリ」はほぐれる
「顔のコリ」は、日々の生活の表情のクセがほとんどの原因。無意識で行われる表情のクセはなかなかなおすことはできないが、それによってできた「顔のコリ」はほぐしてなくすことができる。お金をかけたケアをしなくても、1回1~2分、朝晩2回、しかも必要なのは自分の手だけという簡単さ。短時間で簡単な毎日少しずつのケアの継続で、コリ固まった顔をほぐしていこう。

口元のコリはココにある!

A:鼻と唇の間。筋肉がかたいと、縦に細いシワができてしまう。
B:唇のすぐ下。「んー」っとあごに梅干しをつくるクセがある人は注意。
C:口角。何ごとにもガマンしがちで心配症な人は、不安で口角が下がり、かたまりやすい。
D:マリオネットライン。あごが小さい人も出やすい場所。

口元のコリをチェックしたら、レッツほぐしタイム!

 口元だけでなく、顔を7つのパートに分けて、それぞれのコリをほぐすメソッドを、実践しやすい解説図とともに紹介しているので、しっかりパーツごとにケアできるのが嬉しいポイント。肩コリや首コリだけでなく、顔コリにも注目して、いつまでも若々しさを保っていこう。


Katsuyo(かつよ)
顔筋コーディネイト(R)考案者、美容研究家、美容サロン・スパメニューコンサルタント。2000年に「スペリアルサロン」を東京・南青山に設立。過去1万回以上の施術を通じて、顔筋(表情筋)のトラブルに多数向き合い、現在は、講演活動をはじめ個人の顔筋診断やメソッド指導も行っている。顔筋コーディネイト®の施術は、国内外にて幸せ顔・愛され顔づくりのプロとして定評あり。

※掲載内容は変更になる場合があります。

最終更新:8/26(金) 11:00

ダ・ヴィンチニュース

記事提供社からのご案内(外部サイト)