ここから本文です

【CL】ドルトムントはマドリー、セビージャはユーベと同組! レスターは突破の可能性十分!!

SOCCER DIGEST Web 8/26(金) 2:46配信

バルサ×マンチェスター・C、バイエルン×A・マドリー etc.

 8月25日(現地時間)、2016-17チャンピオンズ・リーグ(CL)のグループステージの組合せ抽選会がモナコで行なわれ、以下の通り、32チームが8つのグループに分けられた。
 
◇グループA
パリ・サンジェルマン(フランス1位)
アーセナル(イングランド2位)
バーゼル(スイス1位)
ルドゴレツ(ブルガリア1位)
 
◇グループB
ベンフィカ(ポルトガル1位)
ナポリ(イタリア2位)
ディナモ・キエフ(ウクライナ1位)
ベジクタシュ(トルコ1位)
 
◇グループC
バルセロナ(スペイン1位)
マンチェスター・シティ(イングランド4位)
ボルシアMG(ドイツ4位)
セルティック(スコットランド1位)
 
◇グループD
バイエルン(ドイツ1位)
アトレティコ・マドリー(スペイン3位)
PSV(オランダ1位)
ロストフ(ロシア2位)
 
◇グループE
CSKAモスクワ(ロシア1位)
レバークーゼン(ドイツ3位)
トッテナム(イングランド3位)
モナコ(フランス3位)
 
◇グループF
レアル・マドリー(昨シーズンCL王者/スペイン2位)
ドルトムント(ドイツ2位)
スポルティング(ポルトガル2位)
レギア・ワルシャワ(ポーランド1位)
 
◇グループG
レスター(イングランド1位)
ポルト(ポルトガル3位)
クラブ・ブルージュ(ベルギー1位)
コペンハーゲン(デンマーク1位)
 
◇グループH
ユベントス(イタリア1位)
セビージャ(昨シーズンEL王者/スペイン7位)
リヨン(フランス2位)
ディナモ・ザグレブ(クロアチア1位)
 
 日本人選手が所属するクラブを見ると、香川のドルトムントはディフェンディング・チャンピオンのレアル・マドリーと同グループに。サンチャゴ・ベルナベウで最強軍団と対峙するのが、今から楽しみである。
 
 岡崎のレスターは、ポルト、クラブ・ブルージュ、コペンハーゲンと対決することとなった。強豪揃いの大会のなかでは比較的、クジ運に恵まれたと言えよう。プレーオフでローマを破ったポルトとの対戦で勝点を確保できれば、トーナメント進出は十分に実現可能な目標だ。
 
 そして清武が加入したセビージャは、何といっても強敵ユベントスとの対決が注目されるが、リヨンの力も侮れない。「EL(ヨーロッパリーグマイスター)」といわれるセビージャだが、今シーズンはELに回ることなく、欧州最高峰の舞台に立ち続けたいところだ。
 
 その他では、グループCのバルセロナ、マンチェスター・シティの戦いは非常に楽しみ。後者の監督に、今シーズンより“ペップ”グアルディオラが就任したということも、興味をかき立てる。この2強の争いに、ボルシアMGがどれだけ割り込めるかにも注目だ。
 
 ペップが率いたバイエルンは昨シーズン、準決勝でアトレティコ・マドリーの軍門に降ったが、新監督アンチェロッティの下で雪辱を果たす機会を手に入れた。グループDでは、昨シーズンはラウンド16でA・マドリー相手に素晴らしいサッカーを見せたPSVも要注意なチームだ。
 
 グループFでは前述した通り、R・マドリーとドルトムントの対決が注目であり、これが首位決戦になる可能性が高いが、もうひとつC・ロナウドが古巣スポルティングと対峙する一戦も、大きな注目を集めるだろう。
 
 ウェールズ・カーディフでの決勝が行なわれる来年6月3日までの長い戦いは、9月13日から始まる。
 
◎2016-17チャンピオンズ・リーグ日程
◇グループステージ
第1節:2016年9月13・14日
第2節:2016年9月27・28日
第3節:2016年10月18・19日
第4節:2016年11月1・2日
第5節:2016年11月22・23日
第6節:2016年12月6・7日
◇ラウンド16
第1レグ:2017年2月14・15日/2月21・22日
第2レグ:2017年3月7・8日/3月14・15日
◇準々決勝
第1レグ:2017年4月11・12日
第2レグ:2017年4月18・19日
◇準決勝
第1レグ:2017年5月2・3日
第2レグ:2017年5月9・10日
◇決勝
2017年6月3日・会場ナショナルスタジアム・オブ・ウェールズ(カーディフ)

最終更新:8/27(土) 7:22

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。