ここから本文です

【J1展望】鳥栖×新潟|鳥栖は昨季から4連敗中の難敵を撃破できるか。新潟は攻撃に吉兆

SOCCER DIGEST Web 8/26(金) 18:00配信

鳥栖――プレスをはめてリズムを握らせないことが重要。

J1リーグ・2ndステージ10節
サガン鳥栖 – アルビレックス新潟
8月27日(土)/19:00/ベストアメニティスタジアム
 
サガン鳥栖
2ndステージ成績(9節終了時):3位 勝点18 5勝3分1敗 14得点・9失点
年間成績(23試合終了時):11位 勝点35 9勝8分9敗 24得点・24失点
 
【最新チーム事情】
●ロシアワールドカップ・アジア最終予選の日本代表に林が選出。
●同じく最終予選を戦う韓国代表にキム・ミンヒョクが選出。
●新潟との対戦は今季3度目。昨年4月から4連敗中。
 
【担当記者の視点】
 前節の磐田戦は、終了間際に追い付かれてドロー。G大阪戦でも終盤に逆転されるなど、試合の締め方にやや不安が残る。しかし、フィッカデンティ監督は「勝点を加えた」ことを素直に評価し、これまでの戦い方を変えるつもりはないようだ。新たな手を打つのではなく、今の流れを生かして戦う。
 
 新潟には昨季4月から4連敗中。今季の対戦は3度目で、ナビスコカップ(現・ルヴァンカップ)と第1ステージ・17節では、いずれも0-1で敗れている。敗因はプレスをかけきれずに主導権を握られたことで、今節はプレスをはめてリズムを握らせないことが重要になりそうだ。
 
 また攻め手に欠く場合は、ムスタファ・エル・カビルとアイメン・タハールといった外国人ふたりで打破を試みることもあり得る。新助っ人のパワーを加えて、難敵を撃破できるか。

新潟――受けに回らず、今季初の連勝につなげたい。

J1リーグ2ndステージ・10節
サガン鳥栖 – アルビレックス新潟
8月27日(土)/19:00/ベストアメニティスタジアム
 
アルビレックス新潟
2ndステージ成績(9節終了時):14位 勝点9 3勝0分6敗 9得点・10失点
年間成績(26試合終了時):14位 勝点27 7勝6分13敗 28得点・35失点
 
【最新チーム事情】
●前節の福岡戦は攻守の歯車が噛み合い快勝。複数得点差での勝利は今季初。
●福岡戦で出場停止明けのR・シルバが1得点・1アシストの活躍。
●指宿を左ウイング置いたシステム(4-1-4-1)が機能。
 
【担当記者の視点】
前節の福岡戦では、残留争いから一歩抜け出すためにも重要な意味を持つなかで、3-0で勝利。今季初の複数得点差での白星を飾ったチームを牽引していたのが、ブラジル人トリオだ。
 
出場停止明けのR・シルバが先制点に加えて、チーム2点目のPKを誘発、さらに、勝利を決定付ける3点目をアシストする大活躍を見せれば、L・シルバは2得点。左SBのコルテースも、積極的に高い位置を取って、縦パスやクロスから攻撃のスイッチを入れた。
 
怪我やコンディション不良の影響もあり、今季ここまでは彼らが揃って輝く試合は少なかった。それだけに、シーズンも佳境のこの時期に彼らがパワー全開になるのは心強い。
 
さらに、福岡戦では6試合ぶりに先発した指宿も存在感を顕示。4-1-4-1の左サイドハーフで基準点となり、ボールを収めては起点を作り、力強いドリブルを絡めながらの配球も冴えた。
 
指宿にとっては、柏U-18時代に吉田監督(当時)によって起用されていた馴染み深いポジション。躍動感あふれるプレーは、今季ここまで1得点と悩めるストライカーの“再起動”を予感させる。
 
いずれにせよ、攻撃に勢いが生まれつつあるのは吉兆だ。第2ステージで好調の鳥栖に対し、受けに回らず、積極的に勝利を目指し、今季初の連勝につなげたい。

最終更新:8/26(金) 18:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。