ここから本文です

2年後から「4大リーグ×上位4チーム」が自動的にCLグループステージへ

SOCCER DIGEST Web 8/26(金) 21:25配信

EL王者の無条件でのCLグループステージ出場等も同時に決定。

 以前にもお伝えした、2018-19シーズンのチャンピオンズ・リーグ(CL)から、UEFAランキングの上位4か国に関しては国内リーグの上位4チームが自動的にグループステージから出場できるという案が、正式にUEFAの理事会で承認された。
 
 現在、ランキングは1位から順に、スペイン、ドイツ、イングランド、イタリアとなっており、現行のルールでは上位3か国はストレートインが3チームでプレーオフ進出が1チーム、4位のイタリアは2チームがストレートインで1チームがプレーオフ進出となっている。
 
 今シーズンのCLは、プレーオフでスペインのビジャレアル、イタリアのローマがプレーオフで敗れ、スペインはグループステージに3チーム、イタリアは2チームしか送り込めなかったが、こういったことも18-19シーズンからはなくなるわけだ。
 
 これは3年のサイクルで実施されることとなり、またUEFAランキングの変動によって、優遇される4か国の顔触れは変わっていくという。
 
 他にも幾つか変更点があり、現行のルールではプレーオフを戦う可能性もあったヨーロッパリーグ(EL)王者に、今後は無条件でCLグループステージへの出場権が与えられる。
 
 また、出場クラブへの分配金については、これまでよりも大会成績が重視され、マーケットプールの占める割合は低くなる。
 
 そして、各コンペティションでの組み合わせ抽選でポットを決める時などに用いられるクラブ係数ランキングについては、クラブとしての歴史や実績も加味されることとなり、優勝回数などがポイントとして加算される。

最終更新:8/26(金) 21:30

SOCCER DIGEST Web