ここから本文です

仰天入閣! 元フランス代表アンリがベルギー代表のアシスタントコーチに!

SOCCER DIGEST Web 8/26(金) 21:38配信

新生ベルギーの初陣はスペイン戦。

 ベルギー・サッカー協会は8月26日、元フランス代表FWのティエリ・アンリをアシスタントコーチに招聘すると発表した。
 
 今年3月にUEFAの指導者ライセンスAを取得したアンリは、アーセナルU-18でコーチを務めていたが、7月12日にトップチームのアーセン・ヴェンゲル監督から「解説業を辞めてクラブでの活動に専念すること」を要求されたため、古巣コーチを辞職していた。
 
 現在もイギリス・メディア『SKY SPORTS』で解説をしているアンリ。ベルギー代表と並行してテレビに出続けるかは明らかになっていないが、今回の発表を受けて、自身のツイッターで「ベルギーのアシスタントコーチになれるなんて名誉なことだ。ロベルト・マルティネスに感謝するよ。とても興奮しているし、待ちきれないね」と喜びのコメントを残している。
 
 ベルギー代表は優勝候補として期待されたEURO2016で、ベスト8に敗退に終わり、大会終了後にマルク・ヴィルモッツ監督を解任。新指揮官として8月5日、スペイン人指揮官のロベルト・マルティネスの就任を発表していた。
 
 そのマルティネスは、「アンリは勝つために何をすべきかを知っている。そして1998年のワールドカップで優勝するなど、偉大な経験を持っている。何か違いをもたらしてくれるのは間違いない」と語り、サッカー界のレジェンドと言えるストライカーの招聘理由を明かしている。
 
 アーセナルやバルセロナで活躍した名ストライカーの入閣で、ベルギー代表はどのようなチームに変貌するのか。新生ベルギーの初陣は、9月1日に開催されるスペインとの国際親善試合となる。
 
 

スター選手たちの“綺麗すぎる””妻&恋人たち

最終更新:8/26(金) 21:38

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。