ここから本文です

キングス・オブ・レオン、新アルバム『Walls』で復活なるか

ローリングストーン日本版 8/26(金) 18:00配信

キングス・オブ・レオンが、アーケイド・ファイアやコールドプレイのプロデューサー、マーカス・ドラヴスと組んだ7枚目となるアルバム『Walls』をリリースする。



10月14日、キングス・オブ・レオンは7枚目のアルバム『Walls』をRCAレコードよりリリースする。かつて世界的成功を収めながらも、その後底辺まで落ちたフォロウィル兄弟(彼らは兄弟と従兄弟でバンドを組んでいる)。ロックの負け犬たちは、復活を遂げられるのか?

バンドは数日前から、ヴォーカルのケイレブが「壁は取り壊された」と意味深につぶやく奇妙な短編映像をSNSを通じて発信し、とぼけた態度を見せている。

キングス・オブ・レオンは、マーカス・ドラヴス(アーケイド・ファイア、コールドプレイ、フローレンス・アンド・ザ・マシーン)と新アルバム『Walls』を制作するため、最初の2枚のアルバムをレコーディングしたロサンゼルスに姿をくらませていた。バンドはビルボード誌のインタビューで、長年プロデューサーを務めてきたアンジェロ・ペトラグリアとの関係が無難すぎてつまらないものになってきていると明かす一方で、ドラヴスはさまざまな実験的方法でバンドの可能性を広げてくれたと、ベーシストのジャレッドは語っている。

「ドラヴスは誰も俺たちに言ったことのないようなことを言うんだよ。例えば"その曲嫌いだな。全然よくないよ。そういうのもうやめようぜ"とかね。フォロウィルたちは、ドラヴスのおかげでこれまでにないような歌詞を書け、これまでの楽曲スタイルをあっという間に変えることができたと語る。「ドラヴスは、"よし、じゃあこれをセックス・ピストルズみたいに演奏しよう"なんて言って、スローな曲をファースト・テンポに急転換しちゃうんだよ」。

新アルバム『Walls』は、前作『メカニカル・ブル』(2013年)に続くアルバム・リリースとなる。

キングス・オブ・レオン『Walls』トラックリスト
1. Waste A Moment
2. Reverend
3. Around The World
4. Find Me
5. Over
6. Muchacho
7. Conversation Piece
8. Eyes On You

http://www.sonymusic.co.jp/artist/kingsofleon/

Translation by Sahoko Yamazaki (RSJ)

JON BLISTEIN

最終更新:8/26(金) 18:00

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2017年WINTER

株式会社パワートゥザピープル

2017年WINTER
12月10日(土)発売

880円(税込)

特集:The Rolling Stones
約11年ぶりの新作インタヴュー
ONE OK ROCK
SUGIZO/TAKURO
浅井健一/西島隆弘 AAA

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。