ここから本文です

世界に誇る日本のミュージシャンズ・ミュージシャン

JBpress 8/26(金) 6:00配信

 日本のポップミュージック・シーンには、マスメディアに頻繁に登場するようなメジャーな存在ではないけれど、世界に誇れるユニークで強烈なオリジナリティーを持った音楽を常に作り続け、国内外のコアな音楽ファン、さらには音楽家たちに尊敬と畏敬の念を抱かせる「ミュージシャンズ・ミュージシャン」と言える音楽家たちがいます。

 彼らは、まず自分自身が熱狂的な音楽ファンとして古今東西のあらゆるジャンルの音楽を吸収し続け、コマーシャリズムに迎合しすぎることもなく、また自己満足に陥りがちなアマチュアリズムに行くこともなく、奇跡的なバランスを保ちながら「自分がいま聴きたい」と思う音楽、同時に音楽ファンをも十二分に満足させられる音楽を真摯に追求し続けています。

 今回は、20年以上もの間、作品を発表するたびにフレッシュな驚きと喜びをもたらしてくれている音楽家たちの新作3枚をご紹介したいと思います。

■ 世界のどこにもない独特過ぎる才能とセンス

 ASA-CHANGほど独特過ぎる才能とセンスを持っていて、どれとも全く似ていない強烈なオリジナリティーを示す音楽を創造し続けている音楽家は、世界のどこを見渡してもいないと思います。

 キャリアも彼の音楽と同様にユニークです。1980年代には小泉今日子のヘアスタイリストをしていたり、その後、今や世界を股にかけて活動する東京スカパラダイスオーケストラを結成、リーダーとして活動しますが、しばらくして脱退。以降は人気パーカッショニスト/プロデューサーとして数々のビッグネームや先鋭的なアーティストのレコーディングやライブに参加しつつ、98年にタブラ奏者、プログラミング担当のメンバーとともに「ASA-CHANG&巡礼」(アサチャン・アンド・じゅんれい)というバンドを結成します。

 ASA-CHANG&巡礼の登場は衝撃的でした。「タブラボンゴ」という創作打楽器や「巡礼トロニクス」という自ら創作した電子楽器を駆使し、自由自在なリズムに乗せて、既存の音楽にはない独特な音を組み合わせたアレンジ。節ごとにリズムに合わせてチョップ&エディットしつつ、さらにチューニングやスピードに細かな変化をつけた、聴いたこともない歌。摩訶不思議でまさに「なんじゃ、こりゃ!?」と言いたくなる未知の音楽がそこにはありました。

 その後も、代表曲「花」など作品ごとにアッと驚く音楽を提示して、国内だけではなくヨーロッパや中南米などでも高い評価を得て、映画や演劇/ダンスなど芸術表現全般への曲提供も行い、その音楽は支持層を拡げていきました。

 そんな彼らの最新作「まほう」は、ASA-CHANNGよりも若いサックス奏者、バイオリン奏者を新たにメンバーに迎えて制作されました。

 今回の作品でも彼らのトレードマークである、未知の言語体験ができる独特なリズムを作り上げ、言葉のチョップ&エディットとエフェクト、想像を超える音の組み合わせ、変幻自在なリズムを楽しむことができます。さらに今回はメンバーチェンジがあったこともあり、より開かれた音楽性となっています。

 極端なシリアスさと意表をつくユーモア、喜怒哀楽の2つ以上の違った感情を同時に内包していたり、あるいはその間にある複雑な機微を見事に音像化させているところが彼らの音楽の魅力の1つと言えるでしょう。実験的でありながら聴き触りは極めてポップという、まさに唯一無二の不可思議な音楽が体験できます。

 彼らの音楽作品は、強い心的印象を受ける映画や小説、マンガと似た感覚を持っている気がします。人によっては時に恐怖を感じたり、意味不明で理解不可能と感じる方もいるかもしれません。しかし個人的には、ここまで美しく、泣けて、笑えて、心の奥にまで染み入ってきて、どこか知らない遠くまで連れていってくれるような未知の体験をさせてくれる音楽は稀有だと感じています。

 ◎Mikikiレビューもあわせてお読みください。

1/2ページ

最終更新:8/26(金) 6:00

JBpress

記事提供社からのご案内(外部サイト)

JBpress PremiumはJBp
ressが提供する有料会員サービスです。
新たな機能や特典を次々ご提供する“進化
するコンテンツ・サービス”を目指します。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。