ここから本文です

WBCの本質を理解していたイチロー。出場オファーへの答えは?

週プレNEWS 8/26(金) 6:00配信

来年3月に迫った第4回WBC。世界一奪還を目指す侍ジャパンの小久保監督は「メジャーリーガー全員と会う」と話し、イチローとの直接会談も示唆。今後、強まっていくであろうWBC出場待望論にイチローはどんな答えを出すのだろうか――。

【画像】3000本安打を達成したイチロー

メジャー3000本安打に突き進む世界一のヒットマンが、これまでに『週刊プレイボーイ』本誌に語ってきた「イチロー語録」を改めて繙(ひもと)く!

■WBCの出場オファーにどーする、イチロー

第4回のWBCがあと半年に迫ってきた。前回、山本浩二監督のもと、日本人メジャーリーガーを一人も招集できず、結果、準決勝で敗れてWBC3連覇を逃した日本代表。今回は同じ轍(てつ)を踏むわけにはいかない。

日本代表がWBCで世界一を奪還するためには、日本人メジャーリーガーが欠かせない。確かに、今のNPBのトップチームである“侍ジャパン”には、大谷翔平、藤浪晋太郎、菅野智之、山田哲人、筒香嘉智、柳田悠岐ら、期待値の高い選手が揃(そろ)っている。しかし、それでもチームに日本人メジャーリーガーが必要な理由は、3つある。

一つ目は、準決勝、決勝の舞台となるアメリカの環境を知り尽くした選手がいることで、NPBの選手たちを安心させることができるから。二つ目は、アメリカやドミニカなど、メジャーリーガーが中心となる国と戦うとき、日本の顔となるべき選手が舐(な)められてはいけないから。そして3つ目の理由が、普段、日本人メジャーリーガーとあまり接するチャンスのない日本代表の若い選手たちにとって、彼らとともに戦うことは他の何よりも刺激になるに違いないからだ。

侍ジャパンの小久保裕紀監督も、日本代表には日本人メジャーリーガーの招集は欠かせないとして、8月に監督自身が渡米し、直接、球団や選手と会ってその意向を確認、必要に応じて交渉に臨む覚悟を示した。

「WBCは世界のトップが集まって世界一を決める大会ですから、実際にMLBの中に身を置いて戦っている選手たちの必要性は十分に感じています。ただ、選手個々の問題もありますし、球団の意向もあります。そのあたりも含めて、アメリカで話をしてきたいと思っています」

そして小久保監督は、メジャー通算で3000本安打、日米通算ではピート・ローズのMLB通算安打記録を上回ったイチローについて、「アポイントはとっているので、直接、会って話をしようと思っています」と言った。イチローは、このオファーにどんな答えを出すのだろうか。

■イチローが語っていた「WBCの本質」

イチローイズムの検証――たとえば、第1回のWBCを翌年に控えた2005年の秋、イチローは週プレのインタビューの中でこんな発言をしている。

「WBCですか? 僕は出る意志があると、王監督にはすでに伝えました」

イチローはあのとき、驚くほどキッパリとWBCへの出場を明言した。そして2005年11月中旬、イチローは当時の日本代表の王貞治監督に、直接、電話で出るという意志を伝えた。いったい何がイチローに、まだ未知の大会だったWBCへの出場を決心させたのだろう。そのときのイチローはこう言っている。

「メジャーの選手たちがそれぞれの国にわかれてゲームをやるというのはすばらしいことだと思うし、日本の選手たちと一緒にプレーするのはおもしろいと思いますよ。確かにWBCはまだ歴史のない大会ですし、選手も運営する側も、どこまで本気で取り組もうとしているのかわからない部分もあります。でも、こういうものは続けることが一番大切ですから、そのためにはまず始めないと……

サッカーのワールドカップも続けることで最高の舞台になったんだと思うし、WBCをワールドシリーズと同じくらい重いものにするためには時間が必要でしょう。今回、うまくいかなかったらやめるというのならやるべきではないし、一回目がなければ二回目はないわけで、だからこそ初めの大会は大事だと思います」

WBCといえばボクシングを思い浮かべる人がほとんどだった頃。まだ海のものとも山のものともつかないときから、イチローはこの大会の本質を理解していた。そして数か月後、日本中がWBCの初優勝に熱狂することも、このときのイチローには予見できていたのだろうか。

◆この続きは『週刊プレイボーイ』34・35合併号の連載「イチローイズム再検証 vo.7」にて掲載。是非こちらもお読みください!

(文/石田雄太 撮影/小池義弘)

最終更新:8/26(金) 15:43

週プレNEWS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊プレイボーイ

集英社

No.51
12月5日(月)発売

特別定価470円(税込)

トランプが仕掛ける新条約が鬼すぎ!/アス
トンマーティンCEOを独占直撃!/スマホ
3大キャリアを卒業しよう【グラビア】馬場
ふみか/鈴木ふみ奈/松本愛/三城千咲 他

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。