ここから本文です

プーチン謎の娘婿がロシア富豪番付で4位に浮上

ニューズウィーク日本版 8/26(金) 15:47配信

<謎のベールに包まれているプーチンの2人の娘。その二女の夫とされるキリル・シャマロフの一族は、プーチン政権に近い石油化学企業の経営幹部として多額の利益を得ていたことがわかった> (写真はプーチンの娘婿とされるキリル・シャマロフ)

 プーチン大統領の娘婿と言われる男性は、ロシアでもトップクラスの富豪一族の1人――経済誌フォーブス(ロシア版)の記事が報じた。

 プーチンには2人の娘がいるが、どちらも子どもの時以降、プーチンと一緒に公の場に出てきたことはなく、クレムリンは、2人が何をしていて、どんな外見かについても公表したことはない。

【参考記事】秘密のベールに包まれたプーチンの娘を追え!

 ロイター通信など複数メディアの調べによると、カテリーナ・チホノワと名乗る女性がプーチンの二女で、その配偶者とされるキリル・シャマロフはプーチンの義理の息子にあたる。

結婚で潤った一族

 キリルの資産は、カテリーナと結婚してから増え始めたと、ロイターは報じる。それだけでなく、フォーブスによると、シャマロフの一族全体がこの結婚から利益を得たという。

 フォーブスによる富豪一族のランキングで、シャマロフ一族は4位に入った。キリルは石油化学大手「シブール」の取締役で同社株の21.3%を所有し、その評価額は23億ドルと見積もられる。またキリルの父ニコライの資産は1億ドルとみられている。

【参考記事】ネムツォフ暗殺?でロシア野党は壊滅状態

 メディアから「プーチンの義理の息子」と名指しされて以降、ロシア野党はキリルのビジネス関連の取引を監視している。野党政治家で著名ブロガーのアレクセイ・ナワルニーは、今年2月にプーチンを汚職容疑で告発した。昨年シブールが政府から17億5000万ドルの投資を受けたことが利益供与にあたるのではないかというものだ。

 モスクワの裁判所はこの告発について、ロシア憲法にもとづく大統領特権があるとして棄却した。

 プーチンとホッケーや柔道の練習を共にする側近、ローテンバーグ一族はロシアで2番目の富豪。トップは、複数のエネルギー企業を所有する起業家ミハイル・グツェリエフの一族だ。

 フォーブスからの取材に対してシブールは、「投資家、株主、経営幹部の私生活についてはコメントしない」と回答している。

ダミアン・シャルコフ

最終更新:8/26(金) 15:47

ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

株式会社CCCメディアハウス

2016-12・13号
12/ 6発売

460円(税込)