ここから本文です

東京社員グルメ:『伊勢丹』社員に聞いた、新宿の通な穴場店5選!

東京カレンダー 8/26(金) 12:20配信

街の穴場グルメを知るには、その街で働く人に尋ねるべし! 今回は、新旧さまざまな店がひしめく新宿エリアを特集する。

【この記事の全ての写真】

案内役は『三越伊勢丹』でWEB制作を担当する笠原木綿子さん。あの『三越伊勢丹』社員が普段行きつけの新宿の穴場店なんて、期待が高まる。

普段から食べ歩くのが大好きというグルメな笠原さんらしく、知る人ぞ知る通な店が続々登場! 新宿という街の懐の深さを再確認できる、名店5軒をご紹介しよう。

ファミレス価格でこの旨さ! ザ・昭和な雰囲気も素敵な『レストラン はやしや』

現『株式会社 三越伊勢丹』に入社して以来、新宿勤務歴は20年以上。もはや“新宿=庭”状態の笠原さんにおすすめの飲食店を聞くと、早速ずらりとリストが届いた。

そんな中でも「東カレ」初登場となる、穴場感満載の店が、このレトロな洋食屋『はやしや』だ。

場所は『伊勢丹 新宿店』からぐっと歌舞伎町方面へ進んだ靖国通り沿い。1階にゲームセンター、地下にスーパーマーケットが入る雑多な雰囲気のビルだ。こんなところにレストランが…? 不安になりつつエレベーターで5階へ向かうと、降りた瞬間目に飛び込む“ザ・昭和”な佇まいの洋食店!

「最初に来たとき、入り口に並ぶ食品サンプルにときめいちゃって(笑)。オムライスやハンバーグといった錚々たる洋食メニューは、どれもとてもリーズナブル。そしてB級グルメなんて呼べないくらい、お味はA級なんです!」と笠原さん。

あのマツコ氏絶賛のオムライスや、玉手箱のような洋食プレートも!

笠原さん絶賛の「オムライス」は、なんと690円のバリュープライス。「マツコの知らない世界」のオムライス編でマツコ・デラックス氏が「完璧」と評し、話題を集めた店でもある。

中のチキンライスが絶品!オムライス用に硬めに炊いたご飯が、しっかりめのケチャップ味をまとい、口内でパラパラと解ける。

現店長・小林幸雄さんのアイデアから生まれたのが「昭和のプレート」1,280円。1949年の創業当時、洋食店で人気を集めたハンバーグ、ポークソテー、エビフライの3大鉄板アイテムに、サーモンソテー、カレーもしくはハヤシが付く豪華な復刻メニューだ。

小林さん自身、小さい頃は『伊勢丹』と『はやしや』(当時の店名は『三平食堂』)をはしごするのが楽しみだったという。今や3世代で通う家族もいれば、30年以上(!)毎日食べにくる常連客もいるそうだ。これほどまでに愛される店が、この先も50年、100年と続くことを願いたい。

1/3ページ

最終更新:8/26(金) 12:20

東京カレンダー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京カレンダー

Tokyo Calendar.Inc

2017年1月号
11月21日発売

定価800円(税込み)

RESTAURANT OF THE YEAR 2016
年末飲まずにいつ飲むの? 泡酒Award 2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。