ここから本文です

南アフリカの旅で堪能したいものは 大自然の絶景と世界一のパンケーキ!

CREA WEB 8/26(金) 12:01配信

 世界を旅する女性トラベルライターが、これまでデジカメのメモリーの奥に眠らせたままだった小ネタをお蔵出しするのがこのコラム。敏腕の4人が、交替で登板します。

 第138回は、芹澤和美さんが南アフリカの多彩な魅力を探ります。

贅沢な空の旅で大自然が待つ南アフリカへ

 毎日うだるように暑い日本の夏。こんな季節に行きたいのは、爽やかで快適な気候のところ。そこで、以前から予定していた南アフリカの旅を、7月に決行することにした。

 日本とは季節が逆になる南半球には多くの国があり、気候もそれぞれだが、南アフリカは晩秋から初冬を迎えた頃。国土が広いためエリアによって気温は異なるけれど、7月の日中はほぼ、快適に過ごすことができる。

 日本から南アフリカへは直行便がない。ならばいっそのこと、トランジットの時間も空の旅も、ラグジュアリーに楽しんでみたい。そこで選んだのはエミレーツ航空のビジネスクラス。都内に住む私にとっては、羽田から出発できること、深夜便なので出発日も一日仕事ができることも、大きなメリットだった。

 羽田の出発時間は深夜0時半。シートについてすぐにサービスされるシャンパンには、温められたナッツが添えられていた。一日仕事をして疲れた身体には、こんな小さな気配りが嬉しくなる。広々とした座席の操作はボタンひとつでできてとても簡単。希望すればマットレスも敷いてもらえるので、深夜フライトでもぐっすりと眠ることができた。

 ドバイまでのフライトは約11時間。おいしい機内食を食べ、一眠りして、最新映画を見たりパソコンで仕事をしたりしている間に到着。映画のプログラムは豊富なうえ、タッチパネルで簡単に操作できるので、メカ音痴の私もストレスを感じることはまったくなかった。フライト中に、カメラやiPhoneなどの充電もしっかり完了。

 乗り継ぎはドバイ国際空港。ショッピングも気になるところだが、次のフライトまでの4時間をビジネスラウンジでゆっくり過ごして、いざ、南アフリカのヨハネスブルグへ。

1/4ページ

最終更新:8/26(金) 12:01

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2017年1月号
12月7日発売

定価780円(税込)

食べてのんびり、また食べる
ゆるむ、台湾。

Jun.K(From 2PM)「これからも僕らは」
台湾二大人気占い師が占う「2017年わたしの運命」

ほか

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。