ここから本文です

非常食の期限管理がラクラク 非常時の家族の決め事も共有できる防災アプリ

オーヴォ 8/27(土) 7:50配信

 9月1日は防災の日。防災週間に合わせて、非常食・備蓄食料・防災グッズなどを点検する家庭もあるだろう。期限がバラバラの非常食や備蓄食料の管理をもっとスマートにできないかと考えている人に便利なツールがある。簡単、シンプルな登録で、自分に今何の備えがあるのか、そのアイテムの状況と賞味期限がどうなっているかがひと目で分かるアプリ「防災ログ~非常食・グッズの期限管理」の配信を、デジタルコンテンツ制作などのエア(東京)が始めた。iOS 8.0以降のiPhone、iPad、およびiPod touchに対応。利用料金は無料。

 防災アイテムのアプリへの登録は、アイテムを撮影して種別を選択し、名前・期限を設定するだけ。「あと○日」の形で、トップ画面に項目ごとのアイテム画像と期限までの日数が表示され、リスト表示の切替もできる。また、「何が・どれくらい必要か」「賞味期限とモノの期限」「避難所と避難場所の違い」など、いざという時にとっさには分かりにくい防災知識を紹介したレファレンスも充実。具体的な避難場所や連絡方法などを、クラウド機能を利用して家族で共有できるので、「多分こう決めたような気がするけれど、どうだったっけ!?」なんていうことも防げる。

最終更新:8/27(土) 7:50

オーヴォ

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。