ここから本文です

恵比寿にビール愛好家が集う ファミリーでも楽しめるビール祭り

オーヴォ 8/27(土) 8:00配信

 かつて約100年の間「恵比寿ビール」の工場だった「恵比寿ガーデンプレイス」。その地にビール愛好家が集う「恵比寿麦酒祭り」(えびすビールまつり)が今年も開かれる。

 「恵比寿ビヤホール」、「シャトー広場」、「フードコート」、「ヱビスビール記念館」の4つのエリアが、趣向をこらして楽しい時間を提供。メイン会場となる「恵比寿ビヤホール」では、楽団がアルプス音楽やジャズが演奏される。今後販売予定のヱビスを樽生で一足早く味わえるサービスも。「シャトー広場」では、ビールを一層おいしくする料理や、子連れでも楽しめるキッチンカーが登場。恵比寿ガーデンプレイスの人気店が自慢の味を競演するのが「フードコート」。ヱビスの歴史をたどるツアーや、ビール通をうならせる上質なテイスティングを体験できる「ヱビスビール記念館」も興味深い。

 大人の街のビールのイベントを大人だけで味わうのもいが、会場内を走る小さなトレインや、人気キャラクターとの撮影会などもあるので、ファミリーでも出かけて楽しむこともできそうだ。

【開催期間・営業時間】
前夜祭 9月14日(水)・15日(木) 17:00~21:00
※会場の一部のみオープン
本祭 9月16日(金) 17:00~21:00
9月17日(土)~19日(月・祝) 11:30~21:00
※ラストオーダーは各日とも20:30(最終日のみ20:00、20:30終了)
※入場無料

最終更新:8/27(土) 8:00

オーヴォ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。